バーレットのボートカスタム日記

三重県 伊勢市 アルミボート バスボート モーターガイド ミンコタ エレキ 修理 販売 はBARRETTまで  スナガボート正規ディーラー EXPART EAGLEのお求めは当店まで TEL0596-38-1091 FAX0596-38-1092 email barrettboat@email.plala.or.jp

ライブウェル

サベージV12 カスタム開始

みなさんあけましておめでとうございます。
遅いご挨拶となってしまいましたが今年も全力でガンバリますので宜しくお願い致します!!

みなさんお休みはどのように過ごされましたか!?
私は正月早々からバタバタとしていました。ある事で・・・・
それは・・・ヒミツです(笑)

さて新年1発目にご紹介するのは中古でご購入頂いたサベージV12のデッキカスタムからスタートです!!

解体までは年末に完了していました。

P1030132


まずはライブウェルの取付から開始しました。
サベージをはじめステーサー360VNやノーティダックなどの浮力体が狭いボートに取付ける場合、「浮力体後部にクーラーBOXを置いたり」「新たにアングルを組んでライブウェルを埋め込んだり」というのを良く見ますが当店では埋め込んでしまいます!!

なぜ埋め込むか・・・それは水を入れた時の重心です。
ボートは重心=バランスが本当に大切です!!

取付の為、浮力体を取り外します。

P1030147


取り外した浮力体を見ると製造時にバックアップ材代わりに使用したオーストラリアの新聞が出てきました!!

P1030146


取付後です。
浮力体後部に取付けると物凄くセンターが窮屈になりますが埋め込む事で広々と使えます!!
肝心の強度は??勿論大丈夫ですよ!!

P1030150


バッテリーラックが無かった為、24V仕様のラックを新たに作成させて頂きました。
溶接組上げ&取付ですので強度もバッチリです!!

P1030154


来シーズンに向けカスタムデッキはいかがですか??

三重県アルミボート・バスボート カスタム 修理 販売 はBARRETTまで!!

お問合せはこちら

1月のご予約はほぼ満杯になっております。ありがとうございます。
ご検討中のお客様はお早めご予約頂ければスムーズにご案内させていただけます。ご理解のほど宜しくお願い致します。

ウィザード365 カスタムデッキ加工&ライブウェル取付 その

今日も寒い一日でしたね。
しかし目が痒い!!風が無ければ寒くても我慢できますが・・・

奈良県のお客様よりウィザード365へのカスタムデッキ加工と外循環ライブウェルの取付をご依頼いただき本日より作業を開始しましたのでこちらをご紹介します。

既存のデッキは2:1分割のノーマルデッキ仕様でした。

P1010365


本日はライブウェルの取付から始めさせていただきました。

埋め込みの為、船体より浮力体を取り外した状態です。

P1010373


取り外した浮力体に・・・

P1010374


当店オリジナルのライナー&ハッチやスルハル類を取り付け

P1010379


船体に取付ます。
取付の際はネジやブラインドリベットでは無く、純正と同じ丸リベットを使用していますので水の進入や強度も問題ありません!!

P1010383


ポンプ類の取付も完了です。

P1010382


そうそうこのハッチやライナーは全て当店で作製しております。

予め外注にて曲げ加工を行なった部材を切り出したものです。

P1010375


それをアルミ溶接にて作製して行きます。
意外と時間も手間も掛かっていますがコダワリですので・・・

P1010376


当店の外循環埋め込みライブウェルは取付工賃込みの税込み¥73000-となっています。

もちろんジョンボートやパントなど平底への取付も可能です!!


アルミボートデッキ加工 アルミボート埋め込みライブウェルの取付はBARRETTまで!!

お問合せはこちらまでお気軽にどうぞ!!

3/5と3/6は出張の為、不在となります。
ご不便をおかけしますが宜しくお願い致します。






Landau10ft ジョンボートライブウェル取付!!

午後からは雨が降り昨日の天気が嘘のような日でした。
作業をしていると金木犀の香りがしてきました。
この匂いをかぐとなんだか懐かしく感じます。
ジョンボートに埋め込みライブウェル取付をご依頼頂きましたのでこちらをご紹介させていただきます。
取付ける船体はランドー10フィートジョンボートです。
取付け前はごく普通の浮力体です。
画像 532

船体によりますがトランサム角度がキツイ場合はシムを入れてポンプを水平にして取付させていただきます。これによりエア噛みが減少しスムーズな給水が可能になります。
P1000013

浮力体を取り外して全てのパーツを組付け、完成した物がこちらになります。
P1000009

ハッチを開けた状態です。
P1000010

ジョンボートに取り付ける場合、スペースの関係でオーバーフロードレーンチューブを使用しております。
P1000011

気になるライブウェルの大きさですがハッチや巾等はVハルで採用している物と同じになります。
また深さも22cmありますので60クラスも楽々入ります。
P1000019

ポンプ類や配線もスマートに取付させていただきます。
P1000012

最後にスイッチを取付けて完成です!!
P1000017


特にカートップで使用される方が大半のジョンボートですが、埋め込みライブウェルを取付けると「重くなる」と思われがちです。
しかし実際はそんな事ありませんよ。
今回ご依頼いただいたお客様もカートップで使用されています。
クーラーBOXライブウェルをご使用中の方にも非常にお勧めです。
クーラーって車の中に載せると結構邪魔じゃないですか??
面倒な組立てもありませんし、船内も広く使えます。

アルミボートカスタム アルミボートライブウェル取付 はBARRETTまで!!

ご依頼は0596-21-2307又はbarrettboat@email.plala.or.jpまでお気軽にお問合せ下さい。


ウィザード365 ライブウェル取付!!

沢山のご依頼ありがとうございます。結果ブログがおろそかになってしまっています。スタッフ欲しいなぁ・・・
暑いですがハイクォリティーで頑張りますのでドシドシご依頼下さいね。
少し前にウィザード365に埋め込みライブウェルの取付をご依頼戴きました。
画像 001

まずは浮力体の取外しから行います。
画像 002

ライブウェルユニットを組み込み後、元に戻します。
画像 003

同時にポンプ&スルハルも取付ます。
画像 004

新しいカーペットを貼るとこんな感じになります。
スッキリ収まりスマートなライブウェルになりますよ
勿論70クラスも入るように設計していますので容量も十分です。
画像 007

画像 008

ハッチを開けるとこんな感じで仕上げさせて戴きます。
画像 009

当店のライブウェルの排水は3箇所あります。
オーバーフローで2箇所、排水で1箇所となっています。
オーバーフロードレンチューブは使用していませんのでライブウェル内も広く使用できます。
隅に見えるドレンプラグを抜くとライブウェル内の水は排水されカラになります。
画像 010

配線がこんな状態でしたので
画像 005

コルゲートチューブで纏めさせて戴きました。
画像 006

スイッチパネルはカーボンパネルにて作製させて戴きます。
画像を取り忘れ慌てて撮影したので歪んで見えますが真っ直ぐ取付けていますのでご安心を
2010072514490000


価格は税込¥73000-となっております。
アルミボートに埋め込みライブウェルをご検討の方は是非当店まで!!

アルミボートライブウェル取付 アルミボートカスタムはBARRETTまで!!
ご依頼は0596-21-2307・barrettboat@email.plala.or.jpまでお気軽にお問合せ下さい。

お盆は休まず営業(作業)しております。

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
提携ショップ