バーレットのボートカスタム日記

三重県 伊勢市 アルミボート バスボート モーターガイド ミンコタ エレキ 修理 販売 はBARRETTまで  スナガボート正規ディーラー EXPART EAGLEのお求めは当店まで TEL0596-38-1091 FAX0596-38-1092 email barrettboat@email.plala.or.jp

船外機

マーキュリー60EFI セルモーター交換

雨が降ったり止んだりの一日でした。

本日はマーキュリー4ストローク60馬力のセルモーター交換をご紹介します。

ピニオンが飛び出たまま戻らなくなり完全にロックしています。
通常は少し衝撃を加えると戻ったりしますが今回はのケースは
ピニオンを押さえるナットが外れ完全に飛び出ています。
おまけにセルの力も弱い状態でした。

IMG_3525


以前はパーツ個々の供給がありましたが現在は個々での供給は無くASSY交換となります。
なんでもかんでも使い捨て・・・・ケースは綺麗なのに・・・・
ASSYで交換させて頂きました。
勢いもあり、1発始動で完了です。

IMG_3529


劣化したバッテリーや電圧の低いバッテリーを使い続けるとモーターへの負担も大きくなります。
特に魚探を複数台取付られている方は専用バッテリーを使ったり容量の大きい物へ変更する事をオススメします。
「満充電後、朝一は調子いいが、昼くらいになるとクランキングが弱くなる」と言う方は要注意です。
また「エレキのバッテリーは毎回充電しているが、クランキングバッテリーはたまにしか充電しない」と言う方も要注意です。必ず毎回充電するようにして下さい。

マーキュリー船外機の修理/販売はバーレットまで!!



Mercury30 ミッドセクション修理

今日は雨の一日で明日も雨の予報です。だんだん梅雨に近づいてきましたね・・・

本日はマーキュリー30のミッドセクションの修理をご紹介します。
流木にヒットし見事に割れてしまったミッドですが・・・

IMG_1703


溶接を行い塗装を行わせて頂き蘇りました!!

P2141080


スケグやロアケースの割れの修理も可能ですので是非、ご相談下さい!!

三重県船外機修理/販売はバーレットまで!!

先日開催されたパワーボートレース 小豆島の結果ですが・・・・・
やってしまいました・・・・・・・・・・

決勝当日、スタートピットに向かう途中、いきなりタコメーターがレッドゾーンになり進まなくなりました。

プロペラがシャフトもろとも千切れて無くなってしまいました・・・・結果リタイヤ。

1年かけて作ったプロペラが・・・・泣きそうになりましたが悔やんでも仕方無いのでまた作ります・・・

次回からシャフトの傷のテスト必要だと痛感しました。

普通に使用している分には折れる事はありませんのでご安心を!!

IMG_3524




アルミプロペラ修理

シーズン中に多いトラブルのひとつが流木などにヒットし、プロペラが欠損したり曲がったりというご相談を多く頂きます。今回ご依頼頂いたお客様もダムにて流木にヒットされたようで欠損しています。

今回は幸いにもプロペラシャフトへのダメージは無かったのでプロペラの修理のみです。

IMG_2571


曲がった部分を成形し、アルゴン溶接で欠損した部分を盛っていきます。

IMG_2572


最終形状を確認し、バランス取りを行い塗装して完了ですが、急ぎ仕事だった為画像を撮り忘れました・・・

シーズンオフの点検で曲がったりした物をそのまま使っている方を多く見ますが
そのまま使用し続けるとプロペラシャフトなどをはじめロアケースへの負担にもなります。
曲がったり、欠損した場合は早めの修理をお勧めします。
特にステンレスプロペラの方はシャフトも曲がっている事が多いので要注意です。

アルミプロペラ・ステンレスプロペラ問わず修理可能です。

またラバーブッシュの打ち替えも可能ですのでご相談下さい!!

三重県船外機修理 販売はバーレットまで!!

Mercury 115 ELPTO ロアケース修理

もう少し降るかな?と思いましたがシトシト程度の雨でした。

本日は2サイクルMercury115ELPTOのロアケース修理をご紹介します。
「バックが入らない・異音がする」との事でお預かりさせて頂きました。

早速分解させて頂き、ギアのチェックです。

リバースギアは欠けており

IMG_3377


ピニオンギアも欠けています。

IMG_3376


一見正常に見えるベアリングですが、傷だらけの状態です。
ここまで傷が付くと交換となります。

IMG_3379


ギアが入らない原因と傷の原因はこれです。
シフトカムが欠損しています。これによりギアが入らない状態を作り出していました。
破片を噛み込むとギアが欠けさらにそのギアの破片が・・・と言うように連鎖的に破損していきます。

IMG_3474


これだけのパーツを交換させて頂きます。(写真にはありませんが、シフトカムも交換させて頂きました)

IMG_3375


ロアケース内部も破片が噛みこみ、荒れていましたので修正させて頂きました。

IMG_3386


こちらが交換させて頂いた新しいギアとなります。
ギアも年式・モデルにより2.31:1と2.07:1さらに6JAWと3JAWがありますのでシリアルだけで追っても実際に見ないと何が使われているか分からない事があります。
さらに古いモデルであればあるほどパーツも高額になっていきます・・・

IMG_3468


ベアリング交換を行いますのでシムの選定を行い

IMG_3384


トルク管理もしっかり行い、組み込んでいきます。この後、バックラッシュの確認を行い、

IMG_3469


正圧のテストを行い・・・

BlogPaint


負圧のテストも行い・・・

IMG_3471


完了です。

IMG_3472


発送準備も整いましたので発送させて頂きます!!

ご遠方の方などでお越し頂けない場合はお送り頂いての作業も可能です。
もちろんエンジン本体をお送り頂いての修理も可能です。

船外機修理でお困りの事があればご相談下さい。

三重県船外機修理/船外機販売はバーレットまで!!

F70も入荷しました!!お待ちのお客様、順次積替え作業させて頂きます!!
出張にてのエンジン積替えも可能です!!是非ご相談下さい!!

IMG_3387














Mercury 60EFI ロアケース

今日は朝から雨かと思いきや、降り出したのは夕方・・・天気がよめません・・・

点検時に発見した不具合です。

何かがおかしいのですがお分かりになりますか??

IMG_3133


よく見て下さい。ケースとキャリアの間に隙間があり、向こうが見えています。
しかしスタッドボルトやナットは緩んでいません・・・

この時点でヤバイ・・・と思いましたがギアオイルを抜いて案の定・・・水のみでした。

中身も完全にアウトで使えるパーツはクラッチ位の酷い損傷でした。(お客様にもお越し頂き確認して頂きました)
あと少し遅ければ漂流でしたので点検中の発見で良かったのですが・・・・
おまけにケース内部も破損していますので使えるパーツが無いに等しい状態です。
現在、リビルト品で対応させて頂くか、新品ASSYか、○○○にするかご思案頂いております。

水のみで走行を続けると熱膨張を引き起こします。また熱だけでは無く逆の場合も怖いです。
逆とは水が入った状態で、冬になると内部が凍ります。凍ると膨張しますので当然亀裂が入ります。
ギアオイルは消耗品ですので交換が大前提ですが、抜いた時の状態も重要になりますのできちんとしたスパンで交換&チェックをされる事をお勧めします。

三重県船外機修理 船外機販売はバーレットまで!!

メーカー問わず低馬力から高馬力まで修理/販売させて頂きます!!



スズキDF115 パワートリム修理

明日から雨が続く予報ですが週末は天気も良さそうです。
本日はスズキDF115のパワートリムの修理をご紹介します。

症状は「上がるが下がらない」と言った症状です。
先ずは各種電装類からチェックしていき、モーター不良が原因でした。
モーター本体を取外すにはブラケットを取外す必要があります。つまりエンジンを吊らないと外れません。
裏技があるのですが今回は通常通りに作業です。

取外したポンプASSYですがポンプボディからのオイルのにじみもありました。

IMG_3353


モーターASSYを取り外し、内部をチェックするとブラシがかなり消耗しており、メタルにもガタがありました。
今回はモーターASSYの交換で対応させて頂きます。

こちらが交換後のモーターASSYとなります。

IMG_3366


各オーリング類を交換させて頂き、新しいオイルに入替えチェック後、組み付けさせて頂きました。

IMG_3367


連休前に間に合ってほっとしました。

今回のようなケースの場合、急に動かなくなる事もありますが初期症状で判断できる場合もあります。
例えば「時々動かなくなる」など。だましだましそのまま使用を続けるとリレーの破損にも繋がりますので
「おかしいな?」と思ったら点検される事をお勧めします。

低馬力船外機から高馬力船外機までメーカー問わずご相談下さい。

三重県船外機修理 販売はバーレットまで!!







ヤマハ Z200HPDI修理

今日は「春真っ盛り」と感じられる一日でした。
本日はヤマハVMAX Z200HPDIの修理をご紹介します。
症状は「プレーニングもきつく、アクセルを全開にしても走らない」と言う症状でご相談頂きました。
早速DDTにて調査させて頂き、燃料系統をチェック後テスト運転すると特定できました。
高圧ポンプ不良です。

高圧ポンプASSYでの交換となります。画像の上側が新品のポンプASSYになります。

IMG_1794


組替後、試運転すると見違えるほどパワーが戻り絶好調になりました。
オーナー様も「壊れる前の時よりもよく走る!!」と大変満足頂きました。

中古艇で購入されたそうですが購入された時の状態が本来のパフォーマンスだと錯覚する事もあります。

中古艇をお買いになる際は信頼できるショップで購入される事をお勧めします。特に直噴は要注意です!!

高馬力船外機の修理はバーレットまで!!

Mercury 60EFI BIGFOOTロアケース修理

せっかくの週末もシトシト雨の一日でした。
本日はMercury60EFI ロアケースの水入り修理をご紹介します。

点検時に水の混入があったため圧力テストを行わせて頂きました。
案の定、バーチカルシャフトからの漏れが確認できました。
3.0Lをはじめ水混入の多くがこのバーチカルのシールから入っています。

IMG_3164


初期段階だった為、幸いにもギアのダメージ・ケース本体のダメージも無く最小限で済みました。
混入したまま使い続けるといずれ、水のみになります。
ケース本体が割れる事もありますのでそうなると本当に修理費が高く付きます!!
今年も1件ありましたので皆さんお気をつけ下さい!!
ゴールデンウィークまであと7本治さないと・・・・お客様各位、もう少しお待ち下さいね!!

最後に正圧・負圧のテストを24時間行わせて頂き、修理完了となりました。

IMG_3295


三重県船外機の修理はバーレットまで!!

Mercury Optimax115焼付修理

今日は昨日とは変わって雨の降ったり止んだりの一日でした。
FRP作業が立て込んでいますので焦っています・・・
本日ご紹介させて頂くのはOPTIMAX115の焼付き修理です。

3番がガッツリ逝っていますが軽症です。

IMG_3156


当社にお持込頂く前に他店にて診てもらったそうで、あっけなく「修理不可で積替え」と言われたそうでして当社に
ご相談頂きました。

清掃を行い、ホーニング加工で復活です!!

IMG_3161


ボーリング加工では無いのでピストンもスタンダードサイズで済みました!!

IMG_3177


今回のトラブルは基本的な事が原因でエンジンそのものの不良ではなく未然に防げたトラブルでした。
SHO等のスリーブレスシリンダーを除いて焼付きの修理は可能ですのでお困りの方はご相談下さい。
ホーニング加工が無理な場合、ボーリング加工でオーバーサイズピストン。それでも無理な傷はスリーブ入替えとなります。

マーキュリーオプティマックスの修理はバーレットまで!!



琵琶湖巡回作業

今日は心地よい穏やかな一日でしたが、くしゃみの止まらない一日でもありました・・・

昨日は琵琶湖巡回を行わせて頂いておりました。

ご依頼頂いた作業の中からご紹介します。

先ずはサウザー395へタコメーターを取付させて頂きました。
過去に沢山取付けてきましたが、やはりドリンクホルダーのスペースが一番しっくりきますね!!
アナログ純正メーターですが747ccタイプのモデルであればSmarttowの取付も可能です!!
他にオイル交換などメンテナンスを行わせて頂きました。

IMG_3308


次に175optimaxのインペラ交換を行わせて頂きました。

特に2.5Lのインペラは急に飛びますので時間よりも年数での交換をお勧めします。
予想どおりへたっていました。

IMG_3309


最後に番外編??バスボートでは無いので番外編としますが琵琶湖の漁師様より注文頂いた和船を2隻納艇させて頂きました!!
フロントデッキとバウデッキをFRPにて作成させて頂きました。(洗って直ぐですので水滴が付いています)

IMG_3304


デッキは砂撒き仕上げですので滑る事もありません。

IMG_3305


エンジン取付などで時間一杯になってしまいましたが、無事お渡しできました。

ありがとうござました!!

琵琶湖巡回作業も賜っております!!
バスボートカスタム バスボート修理はバーレットまで!!

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
提携ショップ