今日は比較的暖かかったのではないでしょか??
しかし夜は寒いです。
昨日行った作業でTR-82のメンテナンスをご依頼戴きました。
今回はお客様自ら分解され洗浄を行いコムキャップ内のメタルベアリングをご自分で打ち替えようと試みたそうですが上手く抜けず傷が付いてしまって打ち替えとメンテナンスをご依頼戴きました。
本当に丁寧な梱包です。いかにエレキを大切にされているかを伺えます。
画像 102

問題のメタルベアリングですがかなり傷がはっています。
このままねじ込んでも異音・シャフト傷の引き金になりますので無理は禁物です!!
画像 104

当店では抜く時も、挿入する時も全て油圧プレスで行っております。
他にも方法はありますがこれが早く・正確に行えます。
画像 105
画像 105
画像 106

組みあがったコムキャップです。
今回はご自分でメンテされる予定でシール類も同梱して戴きましたのでそちらを使用させて戴きました。
画像 107

当店の定番メニューとなったコミュテーター研磨です。
研磨前
画像 108

研磨後は真円も出て綺麗になりました。
画像 110

またシャーピンを差し込む穴が使用により変形し、コムキャップに差し込むと引っかかる状態(回転中プロップをヒットさせるとシャーピンが変形しその衝撃で穴も変形します。)でしたので旋盤にて修正させて戴きました。
分かり難いですが・・・
画像 112

組込み後、動作テストを行うとバッテリーに繋いだ瞬間にハイバイパスで回り出しました。
まさかと思いSEモジュールをテストするとやはり感は的中でした。
SEモジュールの故障です。
テスト用のモジュールを載せると正常に動作しましたのでお客様にご連絡後交換させて戴きました。
SEモジュール等パーツ類は多数在庫しておりますのでこのような急なトラブルにも対応させて戴けます。

お客様大変お待たせしました。
本日発送させて戴きました。ありがとうございました。

モーターガイド ミンコタ エレキ修理 カスタム はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店様・松阪店様・barrettboat@email.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さいませ。

お待たせしているお客様、大変申し訳ありませんが只今多数ご依頼いただいており順次ご案内させて戴きますので今しばらくお待ち下さいませ。

またデッキカスタム・船体塗装・エレキカスタム等のお見積り依頼を戴いているお客様各位、順次ご返信させていただきますのでご了承下さいませ。