今日も雨が強く降ったり小雨になったりの一日でしたね。
明日&明後日は晴れの予報です。
さて本日ですが、またまたTR-82VデジタルにBARRETTスペシャルのご依頼をいただきました。
画像 060

いつも通りモーターからオーバーホール開始です。
・・・がスルーボルトを外しても、コムキャップ・ノーズキャップが外れません。
なんとか取外すと、オーリング部分にシリコンにて止水処理がしてありました。
画像 073

このエレキはお客様が今年、中古艇を購入された際に付属していた物で、個人売買では無くショップで購入した船体に付いていたものだそうです。
お客様は知らなかったようですがアナログ無断をデジタルにコンバートしてあります。
前オーナー様自らコンバートした物なら分かりますが、ショップのする仕事ではありませんね。残念ながらそこまでの経歴は分かりませんが・・・
オーバーホールの際にシール類を交換すればシリコンなんて打つ必要は全くありません!!
放熱シリコンも殆ど塗布されていませんでした。
塗りすぎも「ダメ」ですが少なくても「ダメ」です。
画像 076

洗浄中です。
画像 078

洗浄でシリコンも汚れも全て落とし綺麗になりました。
画像 079

コムキャプの組上げが完了です!!
画像 081

コミュテーターの研磨も完了です!!
画像 082
画像 085

次にヘッドを開けるとなぜか濡れていました。
おまけにベアリンググリスが水に溶けてドロドロです。
画像 072

原因ですがヘッドカバーとインジケーターの隙間から雨が入ったのが原因でした。モーターに進入していなかったが幸いです。
入水もモーターからだけとは限りませんよ!!
ヘッドカバーには対策を施させて頂きました。
シャフトベアリングも上下交換です。
シャフトベアリングですが、BARRETTスペシャルに含まれております。
画像 087

画像では分かりませんがグロメットの付け根が破れかかっていました。
ご連絡後、交換させていただきました。
左が古いグロメットで右が現行の新しいグロメットです。
画像 088

配線処理も終り完成したヘッドです。
画像 089

スイッチブーツも破損していましたので交換させて頂きました。
画像 090
画像 091

テスト&慣らしを行い完成です。
画像 092


モーターガイド ツアーエディション 修理 カスタム はBARRETTまで!!

ステーサー 425SF 400SF 420PD 405PD 360VN 360PT 330PT のステーサー全シリーズ取扱い開始しました。
デッキ等は当店のオリジナルカスタムデッキですのでクオリティ・お客様のご要望に応じた拘りのカスタム艇を製作させて頂きます!!
現在検討中のお客様お気軽に御見積もり・お問合せ下さいませ。


ご依頼は万陽書房伊勢店様・松阪店様・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さいませ。