お盆休みはいかがでしたか?
さて本日ですが、マーキュリーシープロ15の修理をご依頼いただきました。
少し前までは「15馬力」と言うと「シープロ」という程、代名詞的な船外機で多く市場に出回った船外機です。
修理内容ですが、「エンジンは掛かるが走り出すと止まる」「冷却水が通常より少なく、熱湯になって出てくる」「エンジンカウル内がガソリンかオイルで異常に汚れている」といった内容です。
少し分かりにくいですが、「チョロチョロ」と言った出方です。
画像 007

インペラーの交換もご依頼いただいていましたので、交換&チェックです。
冷却水が出ない場合、殆どがインペラーの破損が原因ですが・・・
ヒビ割れはあるものの破損はしておらずこの状態OKです。
今回は前回の交換時期が不明なのと、ヒビ割れがありましたのでご依頼どおり交換です
画像 016

左が新品で右が古いものです。
画像 018

冷却系統の詰まりを確認するも詰まりは無くサーモスタットをチェックすると「ビンゴ!!」リフト開始温度温度でも約1ミリ開く程でした。
これでは循環されませんね・・・
これが問題のサーモスタットです。
画像 013

組上げ後、サーモスタットを取外し、テストするとOKでした!!
次はガソリン漏れですが、キャブレターのガスケットが劣化し漏れていました。またリードバルブとキャブレターのジョイント部からも漏れていましたのでガスケットの交換が必要でした。
直接漏れていたガスケットが白丸の部分です。
キャブ本体とチャンバーの間に入っているガスケットです。
画像 017

キャブレターのオーバーホールもご依頼頂きましたので、分解&洗浄です。
徹底して分解し、洗浄します。
画像 014

洗浄後の廃液ですがご覧の通りです。
画像 023

オイルやガソリンでドロドロ状態です。
画像 015

全て洗浄し綺麗になりました。
画像 021

プラグの点検ですが電極の消耗も少なく交換はパスです。
右のプラグと比較して下さい。左のプラグは新品ではありませんよ。
磨いただけでここまでなります。
当店の点検・メンテナンスは細かなところまで抜かり無く行います。
「必要な物だけを交換し、使用出来る物は極力使用する。」
を第一に考え作業させていただいております。
お客様、パーツ入荷まで今しばらくお待ち下さいませ。

船外機の修理 メンテナンス カスタム はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さいませ。

ただいまご予約による作業が込み合っております。少しお待ち頂く場合もございますので予めご了承下さい。