気が付けばかなり暑くなってきましたね。
今日も昼過ぎには一度着替えました。汗かき過ぎでしょうか?・・・
さてまたまた更新できておりませんでした。
これは作業は終わっており先日納車させていただいた作業のご紹介です。
作業はというとエルグランド E51 ライダーSにヒッチメンバーを取付させていただきました。
画像 003

ノーマルのエルグランドであれば各メーカーから発売されているヒッチで対応可能ですがご依頼いただいたお客様のお車はライダーSですのでワンオフで作製しました。
まずはバンパーから取外します。
画像 005

作製したヒッチを取付けた状態です。
画像 018

ドローバーが差し込める様にバンパーに加工を行い元に戻します。
加工を行わず、バンパーの下を交わしてドローバーを取付ける事も可能ですが牽引能力が低くなるのと、あと踏み切り等の段差で尻突きを起こす可能性がありますので当店ではこの取付方をお勧めしております。
またこの取付高さには意味があります。
実際に連結状態の画像がないのでご説明しにくいのですが、バンパー・トング・トレーラーがほぼ真っ直ぐになる位置です。
つまり牽引する時の理想の状態です。
ただこの取付ではスペアタイヤ&ラックの取外しが必須ですのでご注意くださいね。
でも今はロードサービスの充実やガソリンスタンドの増加でスペアタイヤの装着率も下がっていますしね。勿論車検も問題ありません。
これは正面からの画像です。
画像 021

続いて左右です。
電源ソケットはドローバーに取付けてあります。
画像 024
画像 025

ドローバーを外す際、電源ソケットのケーブルも外すことになるのですがバンパー裏に防水コネクターで取外せるようになっています。
L01A0041

ドローバーを取外した状態です。
スッキリです!!
DSC00603

電源の取出しも当店では一切分岐タップは使用せず全てハンダ付けさせていただいております。したがって錆などによる通電不良はありません。
画像 020

ヒッチメンバーの取付はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さい。