ac6caef8.JPG
本日2度目のアップです。
先日ご依頼頂いた モーターガイド KTF HT109V HT82V カスタム&オーバーホールをご紹介いたします。
メンテ&カスタム内容ですが KTF HT109Vはパワーケーブルの延長加工とスイッチの加工をご依頼頂きました。
HT82Vはノーマルをモーターからバッテリーまで繋ぎ目無し+㊙チューンの「BARRETTスペシャル」をご依頼いただきました。
勿論使用するケーブルはOFCの無酸素銅ケーブルです。

まずは HT109ですがKTFさんの㊙チューンが施されていますので画像は差し控えさせて頂きますが、モーター内部は凄まじい汚れでした。
パワーアップされている分汚れも多いのでは無いでしょうか。
汚れ以外は何の問題も無く、コムキャップからパワーケーブルを引き直しました。
今回はコントローラーをHT82Vでも流用したいとのご希望で「メタコン」にて取り外しが出来るように加工させて頂きました。
加工後が画像の状態です。
ご使用の船がハイデッキで、チルトを全開位置まで上げるとデッキとケーブルが接触していましたのでハンドル部から出ていたパワーケーブル&コントロールケーブルを既存の位置変更させて頂きました。
DSC00432

続いて、HT82Vですが画像がノーマルのパワーケーブルです。
DSC00434

こちらがBARRETTスペシャル後の配線です。
DSC00433

ハンドルは撤去後、オリジナルパーツでシッカリとカバーを行います。
DSC00431

パワーケーブル&コントロールケーブルも画像のようにスッキリと収めさせて頂きます。
DSC00430

画像のように1台、コントローラーをお持ちの場合、コントローラーを2台目のエレキに使用する事も可能です。
DSC00428

また3機掛けを行う際に、1つのコントローラーで2台のエレキのコントロールを行うなんて事も可能です。
もちろんコントローラーからの作製も行わせていただいておりますのでお気軽にご依頼下さい。

エレキの修理 カスタムはBARRETTまで!!
ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さいませ。