せっかくの連休も最終日が雨で鬱陶しい一日でしたね。
明日から仕事初めの方も多いのではないでしょうか?
また連休中仕事で明日から連休に入る方もみえるのではないでしょうか?
さて本日ですが先日から行っている大原選手の シーニンフ14Kの塗装を開始しました。開始といってもほぼ完了はしていますが・・・
まず塗装前の船体はこのような状態でしたが
DSC00416

特殊な剥離剤で一度全て剥離し水研ぎを行いこのような状態までします。
画像 022

当店がここまで綺麗な下地にこだわるのはまずしっかり不純物を落とし塗料のノリを良くし剥がれを防ぐ事と、異なる塗料を上から塗装すると「チヂレ」が発生し、割れ・剥がれの原因になります。
何事も基礎が肝心です!!
ここまで終わればマスキングを行い脱脂をし、塗装に入ります。
今回はオレンジでの塗装ですので一度全て白で捨て塗りを行います。
画像 025

その後船内側の塗装を行いました。
画像 026

そして乾燥後外側の塗装を行いました。
画像 029

あとは乾燥後、ガンネルをブラックに塗装すれば完了です!!
画像では少し分かりにくいかもしれませんがこれがもともとのカンスプレー塗装で
DSC00401

これが当店が使用している2液ウレタンで塗装したものです。
画像 033

クォリティーの違いが分かっていただけるでしょうか!?
カンスプレーを否定しませんが、まずここまでの光沢は100%だせません。
また耐久性も比べ物になりません。
カンスプレーに比べると価格は高くなってしまいますが、後々の事を考えるとそれだけの費用対効果は絶対にあります。
また今回のようにリペイントも別途剥離料金が発生してしまいますが勿論施工させて頂きますのでお気軽にご依頼下さい。
勿論、お見積もりさせていただきますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

アルミボート バスボート 塗装 カスタム はBARRETTまで!!
ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さい。