暖かく気持ちよい気候の一日でしたね。
さて本日は先日ご依頼頂いたONE-TONトレーラー&クイントレックスV12を納艇させていただきました。
入庫した時にはベアリングプロテクターにダストカバーが付いておらずお客様にダストカバーの効果等を説明させて頂き、納得して頂いた上でご購入いただきました。
このダストカバーですが色々な効果があります。
1つは字の如くホコリや砂の進入をシャットアウトします。
2つ目ははみ出したグリスなどが飛び散らずホイルを綺麗に保てます。
結果日頃のメンテナンスも楽になりますし、洗車も楽になりますね。
お安い物などで装着されていない方は取付をお勧めします。

画像 561
画像 562


次に行ったのが昨日コントロールケーブルのワイヤー断線で入庫したモーターガイド TR-109 の修理を行わせていただきました。

画像 576


今回は配線等全て船体に埋め込み済みですのでボートごと入庫していただき船上で作業を行います。
船体はウィザード ジャビル386ですのでスペースも広く快適に作業させていただきました。

断線箇所はペダル側のロングケーブルでワイヤー末端のエンドストップ(丸いボッチ)がちぎれていました。

画像 576


切れる原因としてはワイヤーテンションのかけ過ぎ等でも起こります。
ワイヤーテンションの調整も程々にしておいてくださいね。
今回は詳しくお話は聞かなかったのですが「JBの選手の方」なのかな!?
(違っていたらごめんなさい)そうであれば大会等の過酷な使用環境では切れてしまっもおかしくはありませんね。
でも大会中に切れなくてホント良かったですね。
ケーブル1本でも2本でもパーツ代のみで作業工賃は同じですのでショート側のケーブル交換もご依頼いただきました。

今回のエレキはモーターからバッテリーまでジョイント無しのOFCケーブルでカスタムされておりまして、通常の場合ですとヘッド内でパワーケーブルをカットすれば簡単に引き抜けるのですがカットできませんので画像の用に配線を一度船体から引き抜きコントロールケーブルを真っ直ぐにしてからワイヤーを抜き取りました。
当店でもBARRETTスペシャルが上記のようなエレキのカスタムをおこなわせていただいておりますがこのあたりのメンテナンス面ではデメリットがあると思います。でもそれ程大変ではありませんのでパワーや通電ロスを減らしたいお客様にはBARRETTスペシャルをお勧め致します。

画像 578


それにしても長いケーブルですねぇ!!

画像 575


モータガイド ミンコタ エレキ 修理 カスタム メンテナンス はBARRETTまで

受付ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さい。