ブログリニューアルに伴い、正常に表示されない場合はInternet Explorer
に切替えてご閲覧下さい。


雨が降って非常に寒い一日でしたね。
明日も雨もようです。

本日ですが先日カスタムさせて頂いたポパイ STEELV12のリアデッキ製作を
ご依頼頂き入庫しました。

DSCF1440


本当に嬉しい事に「仕上がりがいい」とお客様に大変気に入って頂き、リアデッキの製作もご依頼頂きました。
遠方よりのお越し誠にありがとう御座いました。
作り手として、本当に嬉しく思います。

さて作業内容ですがリア浮力体のシートベース穴埋め・リア浮力体カーペット貼替・リアデッキ製作という内容です。
カーペットが明日入荷する為、既存カーペットの捲り・アングルの取外しと穴埋め作業を行いました。





DSCF1441
DSCF1442
DSCF1443


ビス穴位の穴であれば塞がずにカーペットを貼れば何も分からなくなりますが、さすがにシートベースの穴は塞がなくてはカーペットを貼った際「カパカパ」になります。
この穴の塞ぎ方にも色々方法がありまして浮力体全体にアルミ板を貼る方法や切り出したアルミ板をTIG溶接で塞ぐ方法など何通りかあります。
状態に合わせ最適な方法をチョイスさせて頂きます。
今回はアルミ板の歪みも少ない事と、船体に掛かる重量を抑える為に「○秘工法」で塞ぎます。
この「○秘工法」の優れた所はもし将来シートベースを取付ける際もホールソーなど特殊な工具が無くても再び取付ける事は可能です。
勿論、「見た目・強度等」も皆無ですし、違和感などもありません。

恐らく当店でしかやっていないと思いますので今回は画像は控えさせて頂きますがいずれ公開はさせて頂こうと思います。

明日はリアデッキの製作を行います。

アルミボート カスタム カーペット張替 修理 はBARRETTまで!!

受付・ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jp
までお気軽にご依頼・お問合せ下さいませ。