3月並の暖かい一日でしたね。
さて本日ですが、昨日に引続きスキーターST160のカスタムを行いました。
まずはオフセットトレーからの取付です。
カットを行う為、付属のテンプレートでケガキ線を入れ、線に沿ってカットを行います。
ここで注意ですがカット後、FRP断面から発泡ウレタンと木面が現れます。
この発泡ウレタン、水を吸います。それもスポンジのように吸います。
私もFRPでワンオフパーツを作製する際に多様するのですが水を吸うとホントに重くなります。
当然、木面も水を吸い腐ります。そこで小口(カット面)にFRPを巻き樹脂で硬め、防水対策を施します。
こうすることによって水の浸入を防いでおります。
オフセットすることによって負担も減りますし、ホント病み付きになるくらい操船が楽なります。
そして次に行った作業が昨日、カーペットを剥がす際に気なったのがフットアクセルです。この位置なにか気になりませんか?
そうです。歪んだまま取付られております。
フットアクセルを取外し、正しい位置にセットすると???
「なるほど!!」どうやら正しい位置に取付けようとするとFRPの繋ぎ目に段差だある為このような付け方になったようです。
しかし取付ける際にもう少し工夫できなかったのかぁ・・・
そこで段差を消すためにFRPでツラになるように高さを合わせました。

バスボートのメンテナンス・エレキオフセットはBARRETTまで!!

受付・ご依頼は万陽伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご質問・ご連絡下さい。





DSC00312DSC00310DSC00299DSC00309DSC00300DSCF1365DSCF1369DSCF1371