毎日寒い日が続きますね。工場にいると針で刺されているような感じがします。寒いと言うより痛いと言った感じです。
さて本日ですが、ご依頼いただいていました。4スト船外機「ヤマハF15」
のメンテナンスを開始しました。
DSC00206
DSC00202
DSC00203
DSC00201DSC00200
特に故障している分けではないので先ずは当店のメンテナンスキャンペーンに含まれているインペラーの交換をするためロアーユニットを降ろし、インペラー部を分解するとインペラーが見えます。
一見何も問題なさそうですが拡大写真をご覧下さい。
ひび割れかけているのが分かるでしょうか?
今すぐに破損する可能性は低いですが、破損する可能性もあります。
このインペラー、破損するとどのような症状・故障が起こるかと言うと勿論冷却水は出なくなりオーバーヒートを起こします。また破損した破片が冷却系等に吸い込まれ詰まります。その結果オーバーヒートを引き起こし災厄の場合焼付きをお越し多額の費用がかかってしまいます。また破片が吸い込まれた場合ですがエアー等で出てくればラッキーですが出てこない場合、組み上げ後テストして冷却水が不安定又は排出されない場合は冷却系等のオーバーホールが必要となってしまいこれまた余分な費用がかかります。
こうならない為にも日頃のメンテナンス・1年に一度の点検はして頂いたほうが結果ランニングコストは抑えられるのではないでしょうか?
良く琵琶湖等で砂地のシャローで船を係留する際、スケグが底に当たるまで近づいていませんか?
私は結構良く目にします。
お分かりだと思いますが、水と一緒に砂も吸い込みます。
ウィードもそうですが・・・
沖まで出るのが面倒なのは分かりますがエンジンはある程度の水深か砂地でない所での始動をお勧めします。
長くなってしまいましたが、必要パーツ等を明日発注し、入荷次第組み上げます。
当店のメンテナンスには以下の作業が含まれます。
.ぅ鵐撻蕁叱魎
▲ャブレター洗浄&調整
ギヤオイル交換
ぅ┘鵐献鵐イル交換
ゥイルエレメント交換
Τ峠蠹生.哀螢好▲奪
Я澗寮浄
以上の作業となっております。
オフシーズンを利用してメンテナンスは如何でしょうか?
さて明日はキャブレターのオーバーホール&オイル交換等を行います。

次の作業に取り掛かるにも時間が中途半端だったのでそのまま放置してあった私のマーキュリー30HPのインペラーを取り付けました。
4年間そのまま使っていましたのでインペラーはクタクタでした。
左が新品・右が古い物です。
DSC00197

DSC00199

DSC00196
船外機のメンテナンスはBARRETTまで!!
只今「冬季メンテナンスキャンペーン実施中」!!
受付ご依頼は万陽書店伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jp
で受付中です!!