パラパラ雨の降るスッキリしない一日でしたね。
さて本日ですが、アルミボートの穴補修を行いました。
この穴、クラック穴ではありません。
中古で購入されたのですが、元は前所有者様の手作りデッキでした。
そのデッキを支える為のアングル固定用の穴でした。
今回、フロントデッキを新調されましたので穴埋めのご依頼も頂きました。
穴埋めも色々方法はあるのですが、予算を抑えて、見た目もスッキリと言うことで、リベットにて穴埋めを行いました。
このリベット、よく耳にする「ブラインドリベット」ではなく裏からカシメるリベットです。早い話、アルミボートを製造する際に使用するリベットです。このサイズ程度のリベットであれば手でカシメる事も出来ますが、リブ(アルミボートの骨格)の打ち替えや、浸水等による打ち替えの用いるサイズのリベットはさすがに手ではしっかりカシメれませんので専用の打ち替え機を使用します。今回は専用機は使用していません。
このリベットの特徴としてカシメ後、裏側の突起が殆ど出ませんのでデッキが当たる部分にも何の問題も無く使用でき、また強度もかなりあります。

中古でボートを買ったけど穴が気になると言う方はBARRETTまで!!

万陽書房伊勢店・松阪店で受付中です。
只今、「冬季メンテナンスキャンペーン」実施中です!!
またkurisuke5656@aqua.plala.or.jpでも受付中です。
お気軽にご連絡下さいませ。

200811271525042008112715252320081127154052f2a75f6b.bmp