朝から小雨で昼にはピーカン照りになった本日ですが、モーターガイドFW-43が完成し、明日納品予定です。お客様大変お待たせ致しました。
さてエレキの連載と言うことで本日はペダル内の配線についてアップします。このエレキは年式も古く、確か98年製造のモデルだったと思います。と言うことは10年選手です。元々の配線は所々焼損しかかっていたり、錆が浮いていた状態でした。今回、ロータリースイッチ等はまだ使えると判断できたので研磨で終わらせ、配線類を新たに作成、引きなおしました。
そして出来上がったものがこれです。見違えるようになりました。
外見だけでなく、機能性もアップしています。
DSCF0548DSCF0583
今回の作業はペダルからヘッドまで全て分解し、ペダルは専用ケミカルにて付け置き洗いをし、シャフトも研磨・接点類もコミュテーター以外全て研磨しました。これでまた10年使えると思います。
アナログなので次に壊れるとすれば、スイッチ関係かコントロールケーブル位のもではないでしょうか?
当店でメンテンナスさせて頂くエレキは全てカルテ管理しておりますので、何時・何処のパーツを交換したか分かるようにしております。
明日もエレキの連載を続けますが、明日よりモーターガイド36Tハンドコンのオーバーホールにかかりますので、同時並行でアップして生きたいと思います。

エレキ修理・カスタムはBARRETTまで。

伊勢小俣万陽書房釣具コーナーにて受付中です。どうぞご利用下さい。

只今、上記の店舗でアルミボート・エレキなど釣具強化買取中です!!