バーレットのボートカスタム日記

三重県 伊勢市 アルミボート バスボート モーターガイド ミンコタ エレキ 修理 販売 はBARRETTまで  スナガボート正規ディーラー EXPART EAGLEのお求めは当店まで TEL0596-38-1091 FAX0596-38-1092 email barrettboat@email.plala.or.jp

2017年05月

トレーラーブレーキパイプ交換

今日は少し蒸し暑い一日でした。

本日はトレーラーブレーキのブレーキパイプ交換をご紹介します。
車検&整備をご依頼頂きましたがブレーキパイプからオイルの滲みがあった為、パイプを作成・交換させていただきました。
下に写っているコイル状の物が新しいブレーキパイプとなります。

P1311026


取り回しに必要な長さでカット後、フレア加工を行い作成完了となります。
作成させて頂く場合はフレアナットも新品に取替させて頂きます。

P1311027


外見は綺麗でも内部が錆だらけの状態や水が混ざった状態で使用し続けると
ブレーキパイプだけでなくアクチュエーター及びキャリパーへのダメージも大きくなります。
ブレーキオイルの交換は車検毎(年1回)をお勧めします。
当社では車検時にブレーキオイルを交換させて頂いております。

慣性ブレーキの修理・取付はバーレットまで!!

トレーラーバウタワー修理

今日は晴れたり曇ったりの一日でした。だんだん天気が不安定になってきました。

本日はバウタワーの修理をご紹介します。
右にグニャリと曲がっています。
この状態だとランチングの際にバウアイがローラーに収まらず本当に載せにくくなります。
ご依頼頂いたお客様も苦労されていたそうです。

PB100925


タワーベースは曲がりも無く、元気な状態ですので今回はウインチが乗る部分のみを製作させて頂きました。

PB100931


こちらが切り出した部材で、加工途中です。

PB100929


溶接してベース部分は完成です。

PB100932


あとは塗装を行い、ローラーを取り付けて修理完了となりました。

PB110936


時々グニャリと曲がったバウタワーを見かけますが、修理をお勧めします。
載せやすくなるのは勿論ですが曲がったまま使用するとボートのバウアイにも負担がかかります。
(曲がっているものに無理やり嵌めるわけですから・・・・)

ベースからの製作も可能ですので是非、ご相談下さい!!

三重県ボートトレーラー修理/製作はバーレットまで!!


アルミプロペラ修理

シーズン中に多いトラブルのひとつが流木などにヒットし、プロペラが欠損したり曲がったりというご相談を多く頂きます。今回ご依頼頂いたお客様もダムにて流木にヒットされたようで欠損しています。

今回は幸いにもプロペラシャフトへのダメージは無かったのでプロペラの修理のみです。

IMG_2571


曲がった部分を成形し、アルゴン溶接で欠損した部分を盛っていきます。

IMG_2572


最終形状を確認し、バランス取りを行い塗装して完了ですが、急ぎ仕事だった為画像を撮り忘れました・・・

シーズンオフの点検で曲がったりした物をそのまま使っている方を多く見ますが
そのまま使用し続けるとプロペラシャフトなどをはじめロアケースへの負担にもなります。
曲がったり、欠損した場合は早めの修理をお勧めします。
特にステンレスプロペラの方はシャフトも曲がっている事が多いので要注意です。

アルミプロペラ・ステンレスプロペラ問わず修理可能です。

またラバーブッシュの打ち替えも可能ですのでご相談下さい!!

三重県船外機修理 販売はバーレットまで!!

Seastar 油圧シリンダー

今日はいきなりのゲリラ豪雨・・・梅雨が近づいていますね・・・

ここのところ油圧ステアリングの修理やメカニカルステアリングから油圧ステアリングへの交換が立て続いいるのですが、マーキュリー/ヤマハ/ホンダ/スズキ他、各メーカーがありますがシリンダーは、馬力/モデル/年式/メーカーにより共通で使用できる物もあれば専用品しか取付できないものもあります。

こんな感じでマウントの形状が異なります。

IMG_3458


マーキュリー用とヤマハ用は常時在庫しておりますが、その他はオーダーとなります。
これからの時期、暑くなってきますのでオイル漏れの修理も多くなる為、シールキットも多めに在庫しております。

「ステアリングの調子がおかしい」と言う方はご相談下さい。

三重県バスボート修理/販売はバーレットまで!!

GARMIN 7408XSV と922XSが入荷致しました!!お待たせしました!!
順次、お取付させて頂きます!!

IMG_3500




WIZARD365 塗装

ここのところアルミボートの塗装で「どんな色の塗装が出来ますか?」など色についてのお問い合わせを多く頂きますが配色やパターンも自由にご指定いただけます。(出来れば事前にスケッチをご用意頂けるとスムーズにいきます)もちろんご提案も可能です。

ご依頼頂いたWIZARD365のペイントです。ラインやピンストライプも可能です。
こちらのカラーリングで5色使用しております。

IMG_3118


IMG_3119


ご来店頂いた事のある方は「見た事あるカラーリング!?」と思われるかも知れませんが・・・このカラーリング私のレース用のボートと同様のカラーリングとなります。「この色がいいと言われましたので」・・・・
散々考えた配色です。

IMG_2983


IMG_2982


話はそれますが「レース?」って思われる方もいるかも知れないのでご説明を・・・
現在パワーボートF550クラスに参戦しております。
F550はフォーミュラクラスで排気量550cc以下(4サイクル及び環境対策型は1.6倍)のクラスとなります。
実はこの経験を元にお客様のボートのセッティングやカスタムへ大きくフィードバックさせて頂いております!!

ご興味のある方は一度どのようなものかご覧下さい。

昨年9月に愛知県蒲郡にて開催されました「 2016日本グランプリパワーボートレースin 蒲郡」のレースです。



こちらは昨年12月に神奈川県芦ノ湖にて開催されました「芦ノ湖グリーンカップレース」です。



5/20(土)5/21(日)は香川県小豆島で第1戦目が開催されます。
お近くの方!?は観戦無料ですので是非お越し下さい。

アルミボートカスタム アルミボート塗装はバーレットまで!!


ベイライナーカプリ トレーラー修理

暑い一日でしたね・・・明日はさらに暑くなるようです。

本日はバスボートではありませんがベイライナーカプリのトレーラー修理をご紹介します。
海で使用されており、「足回りが心配」との事でご相談頂きました。

リーフスプリングとアクスルボルトが腐食しています。

IMG_3478


IMG_3480


IMG_3476


こちらが交換させて頂くパーツとなります。

IMG_3482


各所を点検しながら組上げていきます。

IMG_3485


サクッと作業をやっているように見えますがガスで炙ったり、切ったりでかなり手間は掛かりますが修理は可能です。

一番危険だったリーフスプリングがこちら
ペラペラになり今にも折れそうな状態です。

IMG_3494


マリーナ保管の場合、トレーラーは気にかけない場合が多いのですがたまには足回りを見てあげて下さい。
折れると大変な事になります。

三重県ボートトレーラー修理/販売はバーレットまで!!





Mercury 115 ELPTO ロアケース修理

もう少し降るかな?と思いましたがシトシト程度の雨でした。

本日は2サイクルMercury115ELPTOのロアケース修理をご紹介します。
「バックが入らない・異音がする」との事でお預かりさせて頂きました。

早速分解させて頂き、ギアのチェックです。

リバースギアは欠けており

IMG_3377


ピニオンギアも欠けています。

IMG_3376


一見正常に見えるベアリングですが、傷だらけの状態です。
ここまで傷が付くと交換となります。

IMG_3379


ギアが入らない原因と傷の原因はこれです。
シフトカムが欠損しています。これによりギアが入らない状態を作り出していました。
破片を噛み込むとギアが欠けさらにそのギアの破片が・・・と言うように連鎖的に破損していきます。

IMG_3474


これだけのパーツを交換させて頂きます。(写真にはありませんが、シフトカムも交換させて頂きました)

IMG_3375


ロアケース内部も破片が噛みこみ、荒れていましたので修正させて頂きました。

IMG_3386


こちらが交換させて頂いた新しいギアとなります。
ギアも年式・モデルにより2.31:1と2.07:1さらに6JAWと3JAWがありますのでシリアルだけで追っても実際に見ないと何が使われているか分からない事があります。
さらに古いモデルであればあるほどパーツも高額になっていきます・・・

IMG_3468


ベアリング交換を行いますのでシムの選定を行い

IMG_3384


トルク管理もしっかり行い、組み込んでいきます。この後、バックラッシュの確認を行い、

IMG_3469


正圧のテストを行い・・・

BlogPaint


負圧のテストも行い・・・

IMG_3471


完了です。

IMG_3472


発送準備も整いましたので発送させて頂きます!!

ご遠方の方などでお越し頂けない場合はお送り頂いての作業も可能です。
もちろんエンジン本体をお送り頂いての修理も可能です。

船外機修理でお困りの事があればご相談下さい。

三重県船外機修理/船外機販売はバーレットまで!!

F70も入荷しました!!お待ちのお客様、順次積替え作業させて頂きます!!
出張にてのエンジン積替えも可能です!!是非ご相談下さい!!

IMG_3387














Mercury 60EFI ロアケース

今日は朝から雨かと思いきや、降り出したのは夕方・・・天気がよめません・・・

点検時に発見した不具合です。

何かがおかしいのですがお分かりになりますか??

IMG_3133


よく見て下さい。ケースとキャリアの間に隙間があり、向こうが見えています。
しかしスタッドボルトやナットは緩んでいません・・・

この時点でヤバイ・・・と思いましたがギアオイルを抜いて案の定・・・水のみでした。

中身も完全にアウトで使えるパーツはクラッチ位の酷い損傷でした。(お客様にもお越し頂き確認して頂きました)
あと少し遅ければ漂流でしたので点検中の発見で良かったのですが・・・・
おまけにケース内部も破損していますので使えるパーツが無いに等しい状態です。
現在、リビルト品で対応させて頂くか、新品ASSYか、○○○にするかご思案頂いております。

水のみで走行を続けると熱膨張を引き起こします。また熱だけでは無く逆の場合も怖いです。
逆とは水が入った状態で、冬になると内部が凍ります。凍ると膨張しますので当然亀裂が入ります。
ギアオイルは消耗品ですので交換が大前提ですが、抜いた時の状態も重要になりますのできちんとしたスパンで交換&チェックをされる事をお勧めします。

三重県船外機修理 船外機販売はバーレットまで!!

メーカー問わず低馬力から高馬力まで修理/販売させて頂きます!!



GARMIN 922XS 7407XSV 取付

今日は連休最終日、明日から仕事の方が多いのではないでしょうか?

本日はGARMIN 922XSと7407XSVの取付をご紹介します。

フロントに9インチの922XSでリアに7インチの7407XSVを取付させて頂きました。

IMG_3437


先ずはフロントの振動子からの取付です。
振動子はGT-20を取付させて頂きました。GT-20は通常魚探で77/200khz ダウンビューで455/800khzですのでフロントにはピッタリです。
取付はTransducer Shield and Saver の専用アタッチメントでガッチリ取付させて頂きました。
年々振動子も高性能になり、高価になってきていますので取付には実績のある物をチョイスさせて頂きます。
話はそれますがこのアタッチメントが発売される前は年に何回かLSS-1の振動子破損による交換がありましたがこのアタッチメントを使うようになってからめっきり無くなりました・・・・

BlogPaint


日中の直射日光にも関わらずホント見易いです!!!!

IMG_3445


リアの7407XSVです。
「大きすぎず小さすぎない」7インチですのでGAMBLER OUTLAWの足元へもピッタリと収まります。

IMG_3453


リアの振動子はGT-52TMを取付させて頂きました。
こちらは通常魚探で240-150khz ダウンビューで455/800khz サイドビューで455/800khz となります。
フロントの922xsとリアの7407xsvはイーサネットでネットワークを組んでいますのでフロントでサイドビューを見る事ができます。(サイドビュー=ストラクチャースキャン)
取付はフロントと同様、Transducer Shield and Saver にて取付させて頂きました。
(ジャックプレートLブラケットは以前付いていたアタッチメントを外しブラケットのみ流用しています。)

IMG_3457


ローランスと併用されますので既存のNMEA2000にGARMINを繋ぎます。
認識もされていますのでこれでネットワークはOKです。
ヘディングセンサーは既存のPOINT-1を使用させて頂きました。

IMG_3451


初期設定・バージョンアップ・マップもインストール済みですので即、ご使用頂ける状態にしてお渡しさせて頂きます!!これでクイックドロー・・・ワクワクします!!!

ガーミン魚探販売・取付は正規ディーラーのバーレットまで!!

ガーミン用のTransducer Shield and Saverアタッチメントも続々入荷中です!!

IMG_3424
















Bob's machine Versa jack 6inc 取付

日中雨の予報でしたが夕方少し降っただけでその後は晴れました。

本日はボブズマシンのバーサジャック取付をご紹介します。
Bob'sネタが続きますが・・・

取付させて頂いたのはVersa jack 6インチです。
このジャックプレートの特徴はセンターのボルト1本で楽々上げ下げができる事です。(本当にスムーズです)
他のジャックプレートの場合、「両サイドの4本のボルトを緩めてからセンターのボルトで上げ下げを行い、最後に両サイドのボルトを締める」と言う手順で少し手間が掛かります。また下げる際にエンジン本体を少し揺らさないと降りてきません。
バーサジャックにはサイドの固定ボルトは無くセンターのボルトを固定するだけとなっております。
またプレートがレールに沿っていますので下げる際もスムーズです。(グリスニップルがありますので定期的なグリスアップをお勧めします)

最大の特徴はアップグレードキットで油圧ジャックにバージョンアップが可能です。
「マニュアルジャックでようすを見て、必要であれば油圧にしたい」と言う方や「将来的には油圧ジャックにしたい」と言う方にお勧めです。油圧ジャックにするが為にジャック本体を買い直す必要もありません。

もちろん本体は安心の永久保障です。

「ジャックプレートなんて壊れないだろ」と思っている方・・・
ボブズ製品ではありえませんが・・・こんなふうになる事はあります。(過去の記事より)

dec7b93d


話が少し膨らみましたが、取付後です。

IMG_3428


他のジャックと比べると少しばかり価格は高くなりますがそれだけの価値は十分にあります。

ジャックプレートでお悩みの方は是非ご相談下さい!!

ボブスマシンジャックプレートは正規販売店のバーレットまで!!

*Power Trim&Tilt ご注文頂いたお客様、入荷致しました!!

IMG_3433










livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
提携ショップ