バーレットのボートカスタム日記

三重県 伊勢市 アルミボート バスボート モーターガイド ミンコタ エレキ 修理 販売 はBARRETTまで  スナガボート正規ディーラー EXPART EAGLEのお求めは当店まで TEL0596-38-1091 FAX0596-38-1092 email barrettboat@email.plala.or.jp

2011年02月

モータガイドバウンスバスター

暖かい一日でした。 みなさん花粉症は大丈夫ですか!? 今日はご依頼頂いているアルミボートの塗装でブースの中&ガスマスク着用でしたので大丈夫でしたがマスクを外し、外に出るとクシャミの連続でした。 おまけに鼻水が止まりません

さて本日ご紹介するのは今更ながらですがバウンスバスターについてご紹介します。

バウンスバスターはバウデッキやエレキを振動での破損から保護するものですが湖面での走行だけでは無く、トレーラーでトレイルする場合にも効果がありますので装着をお勧めします。

未装着の場合これだけ本体が揺れてタワミます。



これがバウンスバスターのキットです。

P1010265


これでガッチリとホールドして破損から防いでいます。
決して高額な物ではありませんので壊れる前に是非装着してください。

モーターガイド・ミンコタ共在庫あります!!


P1010267


シーズンイン前にエレキのメンテナンスや修理はいかがですか??

アルミボートデッキ加工 エレキ修理 エレキ販売 はBARRETTまで!!

お問い合わせはこちらまでどうぞ!!

土日に沢山のご来店・ご予約・ご依頼ありがとうございました。

マーキュリーシープロ15メンテナンス&ロアーケース修理

今日はあいにくの雨でした。
明日は午後から晴れてくる予報です。
風が強い予報ですので花粉症の方は注意が必要です。

さて本日ご紹介するのは茨城県のお客様より修理のご依頼をいただいているマーキュリーシープロ15です。

お客様ご自身でインペラ交換やギアオイルの交換を行なう予定だったそうですがギアオイルを抜くと水が混じっており、修理のご依頼をいただきました。

ロアーケースを取り外し、オーバーホールを行なっているところです。

P1010296


ご覧のようにミルキー状態です。

P1010295


これが古いシール類です。

P1010312


パーツウォッシャーで洗浄しているところです。

P1010298


ロアーケース内も

P1010299


バーチカルシャフトやギア等も全て洗浄して綺麗になりました。

P1010300


同時にシャフトの曲がりや、ギアに傷やカケが無いかチェックを行なわせていただきます。

P1010301


キャリアに新しいオイルシールを組み込み

P1010322


SSTを使用して規定トルクで締め込みます。
取付・取外しにはSSTが必要になります。
当店では各メーカー・各馬力に対応した豊富なSSTを揃えております。

P1010324


漏れが無いかリークテストを行い、OKであればギアオイルを入れて完了です。

P1010325


順番が変わっていますがインペラも交換させていただきました。
インペラは船外機と一緒に送っていただいたインペラを使用させていただきました。

左が新しい物で右が古い物です。

P1010321


同時にご依頼戴いたキャブの洗浄や

P1010304


リードバルブの点検等を行い

P1010306


点火系の点検・調整を行い完了です。

オイルやグリスでドロドロだったカウル内も

P1010307


綺麗になりました。

P1010310


船外機をお送り頂く場合はこんな感じで小さなパレットに梱包用フィルム
を巻いて戴き、荷締めバンドで梱包していただければベストです。
パレットは各運送会社で貰えます。

P1010256


シーズンオフ期間中に船外機のメンテナンスや修理はいかがですか?

三重県マーキュリー船外機修理 販売 メンテナンスはBARRETTまで!!

お問合せはこちらまでお気軽どうぞ!!

ステーサー390レイカー デッキ加工

とても暖かい一日でしたね。
ようやく春らしい気候になってきました。

さて本日は現在作業中のステーサー390レイカーのデッキ加工をご紹介します。

元々はストレージなどは無くごく普通のノーマルデッキでした。
「ノーマルだとバッテリーの出し入れが大変でワームパックや小物を入れるスペースも欲しい」との事でご依頼いただきました。

P1010315


アングルを全て取外した状態です。
今回はフロントデッキのみの作製となりますので浮力体のカーペットはそのままです。

このボートは浮力体からキールまで結構な深さがあります。

P1010316


アングル&ライナーの取付が終わり

P1010317


デッキのカットが終わりました。
塗装まで終わっていますので完成までもう少しお待ち下さいませ。

P1010318


「フロントデッキのみ」や「センターデッキのみ」等、の個別での加工も賜らせていただきます。

毎年少しずつカスタムしていくのも魅力ではないでしょうか!!?

三重県アルミボートデッキ加工 三重県アルミボートマリンカーペット張替
はBARRETTまで!!

ご依頼お問合せはこちらまでお気軽にどうぞ!!

現在作業並びにご予約が集中しております。
誠にありがとうございます。
シーズンインに伴い混雑が予想されます。ご予約をいただけるとスムーズに納艇させていただけますのでご理解のほど宜しくお願い申しあげます。



クイントレックスエクスプローラー E12 デッキ加工完了

今日は気温も13度あり少しばかり過ごしやすい日でした。

クイントレックスエクスプローラーE12デッキ加工が完了し、昨日納艇させていただきました。前回の作業はこちら

今回はカートップでのご使用ということで全て取り外し可能なレイアウトとなっています。

フロントにはエレキのリセストレーを取り付けさせていただきました。

P1010277


フロントデッキは2:1の二分割式となっています。

P1010276


フルフラットの為、センターデッキも全て同じ高さとなっています。
カメラのフラッシュの関係で白く見えますが実物は綺麗なネイビーです!!

P1010278


船外機での使用時に足を入れたり、タックルの収納に便利なアンダーデッキも装備されています。

P1010283


ロック式のラッチを装備していますので

P1010282


取外しもワンタッチで行なえます!!

P1010284


リアデッキは2分割で作製させていただきました。

P1010279


フロントデッキ下には新たにバッテリートレーを作製し取り付けさせていただきました。

P1010281


当店ではアルミ溶接機を完備していますので作製&取り付けにはアルミ溶接を用いております。

P1010294


フロントのバッテリーラックは2個搭載できるラックですがリセストレー取り付けに伴いフロントには1個しかバッテリーが搭載できない為、リアにバッテリートレーを増設させていただきました。
元々付いていたライブウェルは「不要」との事でバルブで止水してあります。

P1010293


こちらが同時にご購入いただいたモーターガイドTR-82V B-EDITIONです。
スペックや価格はこちら

P1010287


全てのデッキを取外した状態です。

P1010291


P1010292


カートップには必要不可欠なエレキのクイックリリースマウントです。
こちらはお客様のお持込で取り付けさせていただきました。
モーターガイド純正で21ゲーターマウントにも取り付け可能です。

船体にはレールのみが固定され、ベースはマウント側に付きます。

P1010288


取り付けた状態です。

P1010289


埼玉県よりご来店いただきありがとうございました。
ご遠方ですがお近くこられた際は是非お立ち寄り下さい。

カートップでのご使用からトレーラブルでのご使用までお客様のニーズに沿ったデッキをご提案・作製させていただきます。

シーズンインも近くなってきましたのでシーズンイン前にカーペットの張替やアルミボートのデッキ加工はいかがですか??
勿論、フロントデッキのみやハッチの増設など事細かに対応させていただきます。

三重県アルミボートデッキ加工 アルミボートカスタム はBARRETTまで!!

お問合せこちらまでお気軽にどうぞ!!

ヤマハ25NMH 修理

雨上がりのせいなのか伊勢市は台風並の爆風な一日でした。
今は風も止み穏やかになっています。

さて本日はヤマハ25Nの修理をご紹介します。

P1010047


使用中に突然止まり、「スターターロープを引張っても焼き付いたようにロックして引けない」「少し冷ましてからエンジンが掛かった」という状態でご依頼いただきました。

試運転するとパイロットウォーターが出ないのでインペラーを確認しましたがご覧のとおり全滅です。

P1010048


インペラーケースも溶けています。
水を通さずエンジンを掛けるとこんな状態にケースも溶けます。
右が新品です。

P1010162


P1010163


インペラの破片も3分の1程しか見つかりませんでした。
案の定インペラを変えても水は出ません!!
色々引き出しを開けてやりましたが改善されないのでパワーヘッドを抜かせていただく事にしました。

「インペラーなんて壊れてから替えればいい」と思っている方は要注意ですよ!!
思わぬ出費になる前に定期的に交換してください。
本当に大事なパーツです!!


三重県伊勢市船外機修理 船外機販売 アルミボート販売 はBARRETTまで!!

ご依頼・お問合せはこちらまでお気軽にお問合せ下さいませ。

イーグル465 マーキュリー60EFI メンテナンス

今日も寒い一日でしたね
少し前は比較的暖かかったのですがあの気候は何処へ行ったのでしょうか?

さて本日はイーグル465に搭載されているマーキュリー60EFIのメンテナンスをご紹介します。

EFIになってからの初期モデルになります。

P1010204


オイル交換から行なわせていただきました。

P1010205


「高性能オイルを入れると早くなりますか?」等のご質問をよくいただきますが「価格の高い高性能オイルを入れるよりもスタンダードオイルで良いのでマメに交換してください」とご説明させていただいています。
(ハイパフォーマンスモデルや一部のエンジンは別)
高性能オイルもいいですが乗った後に「レベルゲージでオイルの色と量を確認するクセをつける」事で大事に至る前に修理できる事も多いです!!

P1010207


ギアオイルも替え頃でした。

P1010206


ECMに記録されたデータを読み取っていますが一番上の「177」がトータル運転時間になります。
車と違って走行距離を示すトリップメーターが無い船の場合アワーメーターで管理を行います。
各種アワーメーターも取扱っています!!

P1010212



「コンソールに取付けた魚探の電源が入らない」との事でしたがケーブルでもヒューズでも無く「バッテリーの電圧不足でした」
10Vを下回ると電源が入らなくなったり入っても直ぐに切れてしまう等の症状が出ます。
エレキのバッテリーだけを交換されて「魚探やエンジンのクランキングバッテリーは交換した事が無い」という方が結構います。魚探やエンジンのクランキングバッテリーも劣化しますので弱ってきたら交換して下さい。

バッテリー交換後はバッチリです。P1010209


切れ掛かったエレキのロープも交換させて頂きました。
これで今シーズンもバッチリです!!

P1010208


シーズンイン前に船外機のメンテナンスはいかがですか??

スナガイーグルのお求めは正規ディーラーの当店にお任せ下さい!!
バスボート船外機 アルミボート船外機 船外機修理 販売はBARRETTまで!!

お問合せはこちらまでお気軽にどうぞ!!

クイントレックスエクスプローラー E12 デッキ加工②

今日は昼頃から雪が降り出し、夕方にはかなりの雪が積もって大渋滞になっていました。
さすがに止みましたが明日の朝が心配です。
冬はスタッドレスにしているので大丈夫でしたが・・・

さて本日はクイントレックスエクスプローラー E12のデッキ加工をご紹介します。 前回の作業はこちら

今週末に納艇させていただく船体です。

フロントデッキのカーペットが未施工ですがこちらにはリセストレーを取付させていただきます。あすには入荷する予定です。

P1010257


リアからの1枚です。

P1010258


詳細なスペックは後日アップさせていただきます。
同時にエレキもご購入いただきました。
そちらも入荷しており、現在B-EDITIONにカスタム中です。
そちらも後日という事で!!

ステーサー390レイカーのデッキ加工をご依頼いただきました。
ありがとうございます。
順次作業させていただきますので今しばらくお待ち下さいませ。

P1010259


オフシーズン中にアルミボートのカーペット貼替えやバスボートのカーペット張替はいかがですか??
カスタムデッキへの加工は当店にお任せ下さい!!

三重県アルミボートカスタム 販売 修理はBARRETTまで!!

お問合せはこちらまでお気軽にお問合せ下さいませ。

スナガイーグル465&マーキュリー60EFIメンテナンス

今朝起きて外を見るとあたり一面銀世界でした。
今年初めての積雪でした。
せっかく暖かくなって来たのに・・・と思いつつ仕事していました。

さて本日ご紹介するのはイーグル465&マーキュリー60EFIのメンテナンスです。

P1010060


作業内容は

エンジン&ギアオイル交換
オイルエレメント交換
インペラー交換
総合点検
プラグ交換
フロント魚探水温センサー交換

をご依頼いただきました。

まずはオイル交換からです。
マーキュリーにはクイックシルバー(白)とマーキュリー(黒)の2種類のエレメントがありますが、どちらも同じ物になります。

P1010064


各シリンダーの排気側・吸気側のバルブクリアランスを点検させていただき必要に応じて調整させていただきます。

4番の吸気側が規定以上でしたので調整させていただきました。

P1010066


各シリンダーのコンプレッションも問題ありませんでした。

P1010075


ベーパーセパレーター内の燃圧を測定しているところです。
こちらも問題ありませんでした。
EFIで「最近エンジンに力が無い」と感じる場合はポンプ不良やファイナルフィルターのゴミ詰まりが考えられますのでご相談下さい。

P1010079


DDTを使用して各インジェクターからの燃料の排出量を点検しているところです。

P1010109


こんな感じでDDTにてインジェクターを操作します。

P1010110


問題なく均等に出ています。

P1010113


インペラーの交換です。
「まだまだ使えるのでは・・・」と思う方は要注意です。
中にはご自分で点検されて大丈夫と思い1ヶ月後、使用中にインペラ破損で焼きついた方もいました。
車のタイミングベルトと同じと考えて頂けるといいかと思います。
タイミングベルトも10万km交換ですが10万キロで切れるのかと言うとそうではありませんよね。20万でも切れない事もあります。
しかし切れてからでは遅いので早いめの交換をお勧めします。
交換サイクルは3年をお勧めします。

P1010062


最初にエンジンを掛けた時にアイドリングが不調だったのでCDMを確認すると2番だけがやけに発熱しておりCDMはこんな状態でした。

CDM内部でショートしています。

P1010196


それとあるトラブルを発見してこんな状態でした。

P1010199


にらんだところをテストしましたがOKで、「あっちをテスト」「こっちをテスト」で大変でしたがある事をすると最初にらんだところの信号が出ない事が解り無事修理完了です。
このパズルをはめるようなテスト大好きですね!!

そして無事、本日納艇させていただきました。
ご遠方よりのご依頼ありがとうございました。
お客様、「例の帽子」ありがとうございました。
大切に使わせていただきます。

業務連絡

茨城県よりシープロの修理でご依頼いただいたお客様、無事到着しました。再度ご連絡させていただきますので今しばらくお待ち下さい。

お使いの船外機は大丈夫ですか。

三重県アルミボートデッキ加工 三重県船外機修理 販売 はBARRETTまで!!

お問合せはこちらまでお気軽にどうぞ!!

ホンダBF30 メンテナンス×2台

今日は予定どおり池原&七色巡回を無事終えました。
その作業は次にお伝えします。
ここのところ毎週、池原方面に行っていますが行く度に暖かくなって行くのがわかります。

現在池原の水位はこんな感じです。
異常なほど減水しています。

P1010241


本日ご紹介するのはBF30のメンテナンスです。
前回につづいて「トボトスロープ様」よりご依頼いただきました。

P1010117


特に不調箇所は無いとのことでしたが5年間メンテなしと言うことでのご依頼です。

まずはいつもどおりキャブのオーバーホールからです。
「何も無いのになぜオーバーホールが必要!?」と思う方もいると思いますが、オーバーホールを行なって気付く事も多々あります。
トラブルが起こる前!!が大切です。

気付かないくらいにゆっくりとパワーダウンしている事がありメンテナンスする事で本来の力を取り戻す事ができます。


P1010124


キャブ洗浄を行なっている間にオイル交換です。
オイル交換の時期ですが半年毎または70時間での交換をお勧めします。
なぜか気になる方はお電話下さい。

P1010125


バルブクリアランスの点検と調整を行い

BlogPaint


新しいオイルを入れて

P1010130


コンプレッションテストを行います。

P1010135


カウル内もオイルなどでドロドロでしたので洗浄中です。

P1010140


ドロドロになった船外機ではこのドレンホールがよく詰まっています。
何箇所か空いていますのでお使いの船外機が「怪しい・・・」と思ったら掃除してあげて下さい。

P1010142


キャブの洗浄が終わりました。

P1010136


組込みの前にインマニのガスケットを剥がします。
一度、オーバーホール暦があるのか液体ガスケットが塗ってありました。
インマニにもウォーターラインがありますので外した際には必ずガスケットも交換します。

P1010137


除去後に新しいガスケットを取付てから組込みます。

BlogPaint


プラグも交換し

P1010144


インペラ交換です。
亀裂が入っている部分もありましたがギリギリセーフでした。
このインペラのトラブルで現在2台が重症で入院していただいています。
それは後日にお伝えします。
インペラの交換サイクルですが3年をお勧めします。

P1010147


ギアオイル交換の際に見つけましたがキャリアのボルトがありませんでした。

P1010223


ギアオイルに水は入っていませんでしたがボルトを取付後はリークテストを行い確認させていただきました。

P1010224


同調調整をおこなっているところです。
調整前はバラバラでした。

P1010218


調整後は均一になり、アイドリングもスムーズで静かになります。

P1010220


ペラもご覧のとおり「ポテトチップス」状態でした。
アルミは簡単に修正できますが極端な曲がりは折れますので交換をお勧めします。

修正前

P1010226


修正後

P1010227


2台目です。

特に目だった所はありませんでした。
作業自体は1台目と同じです。

P1010148


こちらもキャブのオーバーホールを行い

P1010158


インマニの古いガスケットを剥がして

P1010155


新しいガスケットを取付けてから組込みます。
1台分のキャブレターから出た汚れです。
もちろん外側の汚れも含まれますが内部も結構汚れがありました。

P1010156


インペラーも交換です。
1台目よりはまともですが劣化はしていました。

P1010161


アイドリングや同調どり等の調整を行い、完了です。

P1010217


本日無事に収めさせて頂きました。

P1010244


シーズンインも間近になってきました!!
お使いの船外機は大丈夫ですか!??

三重県船外機の修理 船外機のメンテナンス 船外機の販売はBARRETTまで!!

ご依頼お問合せはこちらまでお気軽にどうぞ!!

帰りにお客様よりご依頼頂いていた「エキスパート1600」のステアリングボスを取付させていただきました。

純正のステアリングを

P1010245


ステアリングはお客様が取付られると言うことでボスのみを取付させていただきました。

P1010246


どんなステアリングが付くのか完成後に画像をいただければアップします。
ご依頼ありがとうございました。

ホンダBF2オイル漏れ修理&メンテナンス

少しづつ暖かくなってきましたね。
なぜか春までもう少し・・・と思うとワクワクします。
早くポカポカ陽気の中、釣&仕事をしたいものです。

さて本日はホンダBF2のオイル漏れとメンテナンスをご紹介します。
こちらの船外機は「池原ダムのレンタルボート&スロープのトボトスロープ様」からご依頼いただきました。

P1010016


エンジン自体がオイルまみれでしたので一度全て洗浄して漏れを確認するとヘッドカバーから漏れていました。

P1010040


2馬力といっても4ストロークですのでバルブクリアランス調整も必要であれば行います。

P1010043


調整後は液体ガスケットを塗布して組み上げます。
液体ガスケットも対ガソリンや対オイル・対水など用途に応じて色々なメーカー・種類を使い分けています。

キャブのオーバーホール・点検・調整も行なわせいただきました。

洗浄中です。

P1010026


問題点もなく、綺麗になりました。

P1000599


オイルまみれのカウル内も洗浄です。

P1010018


ギアオイルを交換して・・・

P1010021


完了です。

P1010046


オイル漏れは放っておくと進行します。決して止まる事はありません!!
早い段階での修理がエンジンにもお財布にもやさしいですよ!!

オフシーズン中に船外機のメンテナンスや修理はいかがですか??

三重県バスボート船外機 アルミボート船外機 修理販売はBARRETTまで!!

ご依頼・お問合せはこちらまでお気軽にどうぞ!!


次回、池原ダム・七色ダム巡回を2/8(火)に実施させていただきます。
近辺のお客様や帰り道のお客様等、お持ち帰り必要な作業も回送させていただきますので事前にお問合せ下さい。
お店には不在となりますのでご不便をおかけしますがご了承下さい。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
提携ショップ