バーレットのボートカスタム日記

三重県 伊勢市 アルミボート バスボート モーターガイド ミンコタ エレキ 修理 販売 はBARRETTまで  スナガボート正規ディーラー EXPART EAGLEのお求めは当店まで TEL0596-38-1091 FAX0596-38-1092 email barrettboat@email.plala.or.jp

2010年12月

今年一年ありがとうございました!!

早いもので2010年も終わりですね。
今年一年本当に多くのお客様にご来店・ご依頼・ご購入いただきました。
本当に本当にありがとうございました。心からお礼申しあげます。

「オフの日には釣をして気持ちをリフレッシュさせてくれる」それがバスフィッシングでもありますので2011年もどんどん釣を楽しんでください。
2011年も今以上に全力でサービス&サポートさせていただきますのでバーレットを宜しくお願い申しあげます。
みなさんにとって良い一年でありますように


そうそう今年の釣果をアップしていなかったのでここで2010年度の釣果をアップします。

2010年6月30日 七色ダム 62cm

画像 002


画像 009


2010年7月8日  七色ダム 63cm 3840g 61.5cm 3440g
変顔ですのでモザイクです。

BlogPaint


画像 012


画像 008


画像 007


画像 006



2010年7月27日 七色ダム 59cm

画像 011


7kg越えも3回チャンスがありましたが未熟ですのでやられてしまいました

来年こそは8kg越えを目指したいと思います。

それでは良いお年をお迎え下さい。

2011年は1月3日からの営業となります。

マーキュリー2.5L 200EFI修理 

昨日も今日も寒い日ですね。
手と腰がカンカンになっています。
昨日は雪が心配でしたがなんとか予定どおり年内最後の七色巡回を無事終えました。雨には降られましたが・・・テントを持って行って正解でした。

ご依頼戴いた内容ですが最初は冷却水が出ないということで21日に巡回の際インペラー交換をご依頼いただきました。
点検させて戴くとインペラーは劣化しているものの羽もありました。

こちらは21日の作業の写真となります。

P1000840


プロペラを取外すとこんな状態でした。
たまにはペラを外して点検してあげて下さいね。

P1000842



破損はありませんが痛んでいましたのでインペラー交換です。

P1000844


P1000843


プロペラシャフトのライン絡みが心配でしたが幸い水は入っていませんでした。
リークテストも行いましたが異常ありませんでした。

P1000845


ギアオイルを入れて完了です。
みなさんも定期的にギアオイル交換されてますか??
安いものですので定期的に交換して下さいね。
当店では「???」と思うエンジンにはリークテストを行わせていただいています。

BlogPaint


インペラー交換後、テストを行いましたが当然のことながら改善はされず
サーモスタットを確認すると「なるほど!!」でした。
開度も悪いですが開度ではありません。
これを確認するにはガスケットが必要でしたのでこの日はチェックできませんでした。

燃圧テスターで燃圧測定です。
こちらも低いです。
通常約40psiですが28psiしかありません。

P1000848


ここからが昨日の作業となります。

「これを確認するにはガスケットが必要」と書きましたがこれです。
そうプレッシャーバルブです。

P1000884


案の定エンジン側のリングとバルブが引っ付いていました。

と言うことは・・・と言うことですのでコンプレッションテストです。

前回はコンプレッションテスターを持って来てなかったので今回測定です。

1番シリンダーです。

右1


3番です。
ほぼ正常です。

右2


5番です。
明らかに低いです。

右3


2番です。
明らかに低いです。

左1


4番です。

左2


6番です。

左3


まさかと思い、オイルポンプを取り外し「ある点検」をしています。

P1000876


事前にお客様には「異常があればパワーヘッドのみを抜いて持ち帰らせていただきます」とお話させていただいていましたのでパワーヘッドを取り外し持ち帰りました。

P1000897


このエンジン調べると色々とわかりました。
まだまだ色々ありそうです!!

特に中古で購入された場合、乗り出した時が正常と思ってしまいますが乗り出し時から異常がありそれを正常と勘違いしてしまうケースもあります。
優良なショップさんでは先ずありえませんがご心配な方はご相談ください。

三重県マーキュリー船外機修理 マーキュリー船外機販売はBARRETTまで!!

レンジャーR70 リセストレー取付

今年ももうすぐ終わりますね。
ここにきて寒波到来ということで今年のお正月が激寒になりそうです。
明日というか本日になってしまいましたが予定通り七色巡回を行なわせていただきます。

さて本日は一昨日にご依頼いただきましたレンジャーR70へのリセストレーの取付をご紹介します。
琵琶湖への出張作業とはこの作業でした。

P1000870


取付前はこんな状態です。

P1000860


ペダルを取外してカット線を書いたところです。

P1000862


デッキ&ウレタンのカット後です。
このボートはライブウェルがフロントにありリセストレーの一部がライブウェル内に納まる形となります。
ライブウェル内と言っても常に水に浸かっている場所ではありません。
もちろんキチンと防水処理&取付させていただいていますので問題ありません。

P1000865


勿論カット面は樹脂でコーティングさせていただきます。

P1000864


完成です。
当店の取扱っているComfortrollのトレーですが本当に頑丈です。
また色も7色あります。
カラーはブラック/グリーン/グレー/レッド/ブルー/ホワイト/オフホワイトとなります。
価格は\20000-となっております。(取付工賃別途)

今回はスタンダードなブラックをお選びいただきました。

トレー以外に取付前比べ、何かが変わっています。
さて何でしょうか??
細かな所だからこそ拘りたいものです。

P1000868


P1000866


定番となっているリセストレーですが「まだ使用した事が無い」「腰が悪い」という方には是非オススメです!!
本当に楽に釣ができますよ!!

バスボートリセストレー アルミボートリセストレー の取付はBARRETTまで!!

ご依頼・お問合せはこちらまでお気軽にどうぞ

本年は12/31まで営業しております。

2011は1/3より営業させていただきます。

12/30は七色巡回の為、不在となります。

12/31は通常営業しております。

業務連絡
ミンコタテローバの件でお問合せいただいたお客様、何度かメールにてご返信させて頂きましたが全て戻ってきます。
メールの設定をご確認いただくか、お電話にてお問合せいただいても結構です。宜しくお願い申しあげます。

ソレックス14FWGトレーラー整備&車検

ホントに身に染みるほど寒い日が続きますね。
朝は名阪も通行止めになったようです。
明日は琵琶湖に出張ですが大丈夫でしょうか??
4駆にスタッドレスですが通行止めになれば意味がありませんから・・・

現在沢山作業のご依頼をいただいておりバタバタ状態ですが先日ご依頼いただいたソレックス14FWGトレーラー整備&車検をご紹介します。
このトレーラーにはウィザード386が積載されていますがこの船体は2年ほど前に当店にてデッキカスタムとパンチカーペットからマリンカーペットに張替させていただいた船体です。

勿論、ウィザード386&SOREX14FWGも当店にて取扱っております。

P1000796



大切に使用されているのは勿論ですが2年経った現在も色褪せなども一切無く毛も立っています。
長いスパンで考えるとお勧めです!!

P1000799


P1000798


今回メインのトレーラーですが一見綺麗ですが・・・

P1000800


劣化によるグリス漏れがありました。
オイルシールは消耗品となりますので定期的に交換される事をお勧めします。

P1000801


全て古いグリスを取り出し洗浄&点検を行ないます。
綺麗になりました。
ベアリングも異常なくオイルシールを交換させていただきました。

P1000803


このトレーラーはピン式のパーキングブレーキを装備していますが外し忘れて少し動かしたのかステーが少し曲がっていました。

P1000806


修正させていただきました。

P1000807


綺麗になり車検も1発合格でこれで安心して1年お乗りいただけます!!
ありがとうございました。

P1000808


ウィザード386販売 ソレックストレーラー販売 アルミボートデッキ製作         アルミボートカスタムはBARRETTまで!!

明日12/28(火)は琵琶湖出張作業の為、お店には不在となります。
電話は転送となっておりますのでお電話でのお問合せは対応させていただきます。

12/30(木)は池原ダム 七色ダムにて巡回&出張作業を行います。
近辺のお客様や帰り道のお客様等、お持ち帰り必要な作業も回送させていただきますので事前にお問合せ下さい。
お店には不在となりますのでご不便をおかけしますがご了承下さい。

ウィザード365 デッキカスタム!! その1

寒い一日でしたね。
さすがにホワイトクリスマスでは無い伊勢市でしたが辛い位の寒さでした。
ここ最近はエンジンネタが多いのでアルミボートのデッキカスタムをご紹介します。
船体はウィザード365Vでパンチカーペットからマリンカーペットへの貼替とデッキ加工をご依頼いただきました。

加工前です。
パンチカーペットですので紫外線で退色しています。

画像 001


画像 002


センターデッキです。
現在ストレージが1ヶ所ですがこちらのストレージを増設します。

画像 003


バウデッキにごく普通のフロントビルジスイッチがありますがこちらも加工させていただきます。

画像 008


古いパンチカーペットを剥がしました。

画像 009


画像 010


そのままではパンチカーペットの繊維やボンドカスが残っていますのである程度取り除きます。

画像 013


除去後です。
何事も下地作りが肝心です!!

画像 015


お客さま!!打ち合わせの図面どおり作製させていただきますので今しばらくお待ち下さいませ。
カッコよさPLUS使い易さを融合したデッキになりますのでお楽しみに!!


BASSボート アルミボートのカーペット張替はいかがですか??
オフシーズンにカーペットの張替やデッキをカスタムして来シーズン気持ち良く釣りをするのも良いのではないでしょうか??


アルミボートカーペット貼替 バスボートカーペット張替はBARRETTまで!!

12/28(火)は琵琶湖にて出張作業を行います。
近辺のお客様や帰り道のお客様等、お持ち帰り必要な作業も回送させていただきますので事前にお問合せ下さい。
お店はには不在となりますのでご不便をおかけしますがご了承下さい。


12/30(木)は池原ダム 七色ダムにて巡回&出張作業を行います。
近辺のお客様や帰り道のお客様等、お持ち帰り必要な作業も回送させていただきますので事前にお問合せ下さい。
お店はには不在となりますのでご不便をおかけしますがご了承下さい。

マーキュリー 3.0L 225hp 修理!!

祝日ということもあり年末のお買い物に出掛けられた方や大掃除で一日が終わった方など様々だと思います。
最近は非常にエンジンのメンテナンスや修理を沢山ご依頼いただいております。
本日は先日七色巡回を行なった作業をご紹介するつもりでしたが後日ご紹介すると言うことで先日出張作業にてご依頼いただいたマーキュリー V6 3.0L 225hpの修理をご紹介します。

画像 067


症状ですが「3000rpmでストール」するという状態でした。

エンジン内部の点検を始めると一瞬「ドキッ」としました。

それがこれです。

オイルポンプのホースが劣化してちぎれていました。

画像 069


折れていない場所を曲げると簡単にちぎれました。

画像 070


ご存知のとおりこのポンプから出たオイルがガソリンとミキシングされ混合油となりキャブレターへ送られます。
ということはこれが破損することによりオイルがミキシングされず生のガソリンが送られる事で焼き付きます。

予想できなかった事でまして出張作業ですので予備のホースも持っていませんでしたので現地で調達しました。
このホース案外身近に入手できます。しかも純正より強い!!

交換後です。

画像 072


祈る思いでエンジンをスタートすると無事かかりました。
オイルも正常に流れはじめました。

画像 078


幸いコンプレッションも正常でしたので災厄の事態は真逃れました。
またフェールポンプの燃圧やフェールラインも正常でしたのでテスト走行です。

エンジンをかけた時に異音がしていましたので確認するとオルタネーターのVベルトが緩々でした。



調整後です。
スムーズになり、異音も無くなりました。
ベルトも少し痛んでいましたので次回に交換させていただきます。



プラグですがビッシリカーボンが付着しています。
別の作業もご依頼いただきましたのでその時に交換させていただくことにしました。

画像 088


マーキュリーのエンジンにはこのCHAMPIONプラグが付いていますがある理由で全てNGKに交換しております。
特に4サイクルの場合ですが・・・
理由を知りたい方はお気軽にお問合せ下さい。

画像 089


作業完了後はストールも無くなり快調になりました。
逆に焼き付かなかったのが不思議です。
オイルレベルセンサーの故障でオイル切れに気づかず焼きついたエンジンの修理はありますが今回は不思議でした。

画像 084


今回はバスボートでは無くこのボートでした。

スキーターのシーバスボートでした。

画像 091


しかし海からの長島スパーランドの景色もいいですね!!

画像 085


ちょっとしたクルージングを味わえました。

画像 083


来シーズンに向け、オフシーズン中に船外機の修理やメンテナンスはいかがですか?

三重県船外機修理 船外機販売 アルミボートカスタム はBARRETTまで!!

本年は31日まで営業しております。

12/30日に年内ラストの七色ダム・池原ダム巡回を予定しています。

尚、12/30までに池原ダム・七色ダム方面に行かれる方でご依頼をご希望の場合は七色ダムのレンタルボート&スロープのTs-On様にお預けいただき12/30に回送させていただく事も可能です。その際は事前にお問合せ下さいませ。

ご依頼・お問合せはこちらまで!!

マーキュリー30EMLH修理

やはり12月は慌しいですね。あちらこちら道が混んでいますが特にホームセンターやショッピングモールの周りは凄い事になっています。
みなさんも大掃除始めていますか??

さて本日ですが先週に池原ダムで大阪府のお客様よりお預かりしたマーキュリー30EMLHの修理をご紹介します。

画像 007


症状ですがアクセル開くと「カボッガボッ」となり回転が上がらずストールしてしまうという症状でした。
当店にご依頼いただく前に別のショップさんで修理されたようで修理後、初乗りでまた症状が出てキチンと治っていないと言うことで当店にご依頼いただきました。
お客様よりお話を聞きましたが関係の無い所までバラシタようです。
テスターと知識があればそんな事までしなくても分かる単純な事ですが・・・
あまり人の事を悪く言うのは嫌いなのですがお聞きした話があまりに酷かかったのでそんなショップも存在しますのでお気をつけ下さい。

原因ですが音・プラグから判断すると点火不良でしたので電装系からチェックすると原因が見つかりました。
こんな症状でした。

片手はカメラですのでスロットルワークをしているわけではありません。



交換させていただいたコイルです。
コイル本体もご依頼前の修理で交換されたとの事でしたが本当に交換したのでしょうか??

画像 009


点検中ですがフェールポンプのIN側のホースにガソリンの滲みがありました。
確認するとポンプ本体に亀裂がありホースを取外すと当時に折れてホースに付いてきました。

パーツだけの交換ができればいいのですがフェールポンプASSYでの交換となってしまいます。
しかし高額な物ではありませんのでご安心を!!

このフェールポンプですが経年劣化や振動等で亀裂が入ってエア噛みする事があります。その場合は今回同様に交換となります。
またエア噛みするとガス欠の症状になります。

画像 010


新しいフェールポンプです。

画像 011


画像 014


過去にサークリップが飛んでヘッドを積み替えた経歴があると言うことでした。それとこれとは関係ありませんがコンプレッション測定です。
コンディションの判断になりますので必ず行なっています。

画像 012


コイル交換を行い、先ほどの症状は無くなったものの回転を上げるとバラつきがあり時々ストールしてしまいました。
原因を追究するとこれでした。

見た目ではわかりませんが赤丸の部分がそうです。
これはCDIから出ているアースですがこれがアース不良を起こしていました。

BlogPaint


ちなみにCDIの固定はこんな感じになっています。
一応ステーでアースはとれますがナットで止まっていますので緩んだりすると直ぐにアース不良になります。
もちろん緩まないようにさせていただきました。

画像 018


このボルトはエンジン本体に固定されている為、確実なアースがとれます。
コイルとCDIのアースを取りました。

画像 019


スパークテスターで診断です。
安定してスパークされています。



あとはキャブレターやアイドリング・点火時期の調整を行い完了です。

画像 015


修理&メンテナンス後は1発始動になりました。



今回のお客様の場合は違いますがご自分でメンテナンス等を行いボルトが余ったり異なる場所に取り付けたりすると今回のような状態になることがあります。
少しでも不安な場合は信頼できるショップさんに診てもらうことが一番リーズナブルだと思います。
もちろん当店もしっかりメンテ&修理させていただきますのでご依頼下さいませ。

三重県船外機修理 三重県船外機販売 マーキュリー船外機修理はBARRETTまで!!

ご依頼・お問合せはこちらまでお気軽にどうぞ!!

次回、池原ダム・七色ダム巡回は12/21(火)となります。ほぼスケジュールは埋まりかけていますがお持ち帰り必要な作業は回送させていただきますので事前にお問合せ下さい。12/20(月)は定休日ですがお電話でのお問合せは受付けております。
尚、12/21までに池原ダム・七色ダム方面に行かれる方でご依頼をご希望の場合は七色ダムのレンタルボート&スロープのTs-On様にお預けいただき12/21に回送させていただく事も可能です。その際は事前にお問合せ下さいませ。

マーキュリー15MF 4ストローク船外機 

今日も寒く辛い一日でした。
今年の猛暑はなんだったのでしようか??
この寒いのも異常気象??

さて本日ご紹介するのは先日ご購入いただいた、マーキュリー4ストローク船外機の15MFです。

ちょうど当店に修理でお預かりしているシープロ18がありましたので比較として写真を撮りました。

4スト15のほうが大きく見えますが遠近法ではありませんよ
単純に大きいです。

BlogPaint


後からの1枚です。

画像 130


内部はこんな感じです。

画像 131


ティラーハンドルも長いです。

画像 133


このティラーハンドルですがロック解除で下にも倒れます。

画像 134


前後進はレバーでは無く、現行の30HPや2ストの15Mと同様のスロットルと連動するタイプです。
進みたい方向にスロットルを開けるとギアが入る仕組みになっています。
トーハツの9.9・15・20は従来の本体にレバーが付いたタイプになります。
この辺りもトーハツとマーキュリーどちらにするか迷われている方には選択される1つのポイントになると思います。

画像 137


エンジンの回転のみを上げる場合はこのボタンを押しながらスロットルを回すとギアは入らず、アクセルのみが動きます。
暖気で少し回転を上げたい場合等に便利です。

画像 138


エンジン本体はトーハツのOEMですのでデザインや先ほど説明したギアの機構などを参考にしていただければと思います。

価格は定価¥328,650-(税込み) 販売価格 \○○○○○○です。

価格はお問合せ下さい。

三重県船外機修理 三重県船外機販売 はBARRETTまで!!

次回、池原ダム・七色ダム巡回は12/21(火)となります。ほぼスケジュールは埋まりかけていますがお持ち帰り必要な作業は回送させていただきますので事前にお問合せ下さい。
尚、12/21までに池原ダム・七色ダム方面に行かれる方でご依頼をご希望の場合は七色ダムのレンタルボート&スロープのTs-On様にお預けいただき12/21に回送させていただく事も可能です。その際は事前にお問合せ下さいませ。




ワントントレーラー整備&車検 ステーサー420船検

今日も寒い一日でしたね。
寒いだけならまだいいですが風が堪えます
さて本日ご紹介するのはワントントレーラー整備&車検 ステーサー420船検です。

グリスが飛び散りすごい事になっています。

画像 148


ハブを外すと予想通りラインが絡んでいます。
ラインが絡むと新品のオイルシールでも漏れますので走行前に必ず確認して下さい。

画像 149


ハブ・ベアリングプロテクターとも綺麗になりました。

画像 152


スピンドルも清掃して点検です。

画像 153


組み上げ後はこんな状態になりました。
今回のようにホイールがグリスまみれになっている場合のほとんどがベアリングプロテクターにダストカバーが付いていません。
ダストカバーは安いものですので是非装着して下さい。
細かな砂の混入やグリス汚れが無くなります。

画像 154


バウローラー&キールローラーも悲惨な状態でしたので交換させていただきました。
割れた状態で使用し続けるとキールが凹んだり割れたりするので割れたら即交換する事をお勧めします。
キールローラーは積載中は接触していませんがバウローラーは常に接触しています。

バウローラー

画像 002


フロント側キールローラー

画像 008


交換後

画像 003


画像 009


勿論車検は1発合格です。

画像 010


オフシーズン期間にボートトレーラーのメンテナンスはいかがですか??

三重県 ボートトレーラー車検&整備 販売はBARRETTまで!!

次回池原ダム七色ダム方面巡回は12/21(火)となります。
現地での修理・メンテナンス お引取りが必要な場合はお引きとりさせていただきます。ぜひご利用下さい。


お問合せはこちらまでお気軽にどうぞ!!

スナガエキスパート1600 マーキュリー90ELPTO修理完了

先日から修理を行わせていただいていたマーキュリー90ELPTOの修理が完了しましたのでご紹介します。

交換させていただいたパーツです。

P1000620


キャリア本体にスワップするギアを組み込みました。

P1000624


インペラーも新品に交換させていただきました。

P1000626


組み上げ後はテスターにてリークテスト後、OKでしたので

P1000634


ギアオイルを入れて完了です!!

画像 015


エンジン側の修理ですが曲がっていたフェールポンプのチェックバルブも交換完了です

P1000637


1番・2番のキャブレターはスタッドボルトで止まっていますがナットと同時に外れてきましたので固定させていただきました。

P1000638


P1000639


ちぎれてオイルが漏れていたオイルポンプのOリングも交換させていただきました。

画像 007


フェールフィルターも交換し完了です!!

画像 023



ヒットした衝撃でペラに亀裂が入っていましたのでTIG溶接で修正させていただきました。

修正前

画像 019


修正後

画像 020


先週の土曜日の池原・七色巡回の際にお渡しさせていただきました。

お渡し前に最終のチェックと細かな調整をさせていただいて約50マイル出ました。

画像 024


直線・コーナーの安定も抜群でエキスパート1600もいいボートですよ!!

画像 025


お渡し後は別のお客様のご依頼でプロペラ交換を行い完了した直後に先程のお客様よりお電話で「同じチーム仲間のエンジンの調子が悪いのでよければ診てほしい」とのお電話があり池原ダムのトボトスロープさんにおじゃましました。

画像 065


画像 064


原因を探ると現地では施しようの無い故障でしたので取外して持ち帰らせていただきました。

詳しくは後日アップします。

アルミボート船外機 バスボート船外機 三重県船外機修理 三重県船外機販売はBARRETTまで

ご依頼・お問合せはこちらよりアクセスくださいませ。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
提携ショップ