バーレットのボートカスタム日記

三重県 伊勢市 アルミボート バスボート モーターガイド ミンコタ エレキ 修理 販売 はBARRETTまで  スナガボート正規ディーラー EXPART EAGLEのお求めは当店まで TEL0596-38-1091 FAX0596-38-1092 email barrettboat@email.plala.or.jp

2010年11月

マーキュリー40ELPTO修理

11月も今日で終わりですね。
明日からは12月です。
今日作業していると、「蚊」が飛んでいました。
もう12月というのに・・・
さて本日ご紹介するのは前々回七色巡回の際にTs-Onさんよりご依頼いただいたレンタル艇についているMercury 40ELPTOの修理です。

症状ですが「セルは回るがエンジンが掛からない」「キャブレターを点検したが、かからない」とう状態でした。

まずは電気系・点火系のテストですが問題ありません。
確認の為キャブレターの確認です。

P1000283



大きな詰まりはありませんでしたが所々オイルかすが確認できました。

P1000282


P1000285


このエンジンのように分離給油の場合オイルタンク内にも汚れやゴミが入っている事がありますので古いオイルは捨て、洗浄を行います。
オイルラインを洗浄して、オイルの供給を司るオイルポンプ&ドリブンギアの点検と洗浄も行い組みあげました。

各リンケージ類の調整が狂っていた為、調整を行いました。

P1000287


同時に点火時期・アイドリングの調整を行い完成です。
元気になりました

P1000288


マーキュリー船外機修理 メンテナンスはBARRETTまで!!

ご依頼はこちらまでお気軽にお問合せ下さい。

ノーティダックトランサムプレート交換&ホンダBF9.9A整備

珍しく本日二度目のアップです。



まずはエンジンオイル&ギアオイルの交換です。

P1000345


P1000346


ひび割れも多くブラケットの部分が陥没しています。


P1000349


新しく作製したプレートです。

P1000352


効果が出るかどうかは不明ですがお客さまのご希望で1cmの嵩上げです。
5mm×2枚で1cmの嵩上げとなります。

P1000353


船外機を取付けた状態です。

P1000357


P1000355


アルミボート船外機 バスボート船外機 修理 メンテナンス はBARRETTまで!!

ご依頼はこちらまでお気軽にお問合せ下さい。

ロードライトトレーラー車検&整備

快晴で釣日和でしたね。
本日は出張作業をご依頼いただき七色ダムに行っていました。
朝からTs-Onさんへ船外機の修理に昼からBASSINGROADさんへとある用事に・・・夕方にスロープ60さんへボートの引き取りと、ボート屋さん巡りの一日でした。
かなり渋い状況ですが多くのアングラーで賑わっていました。

月4回ほど定期的に巡回しておりますので現地でのボートのお引取り・打ち合わせも可能です。

池原ダム・七色ダムのボート整備 船外機整備&修理もBARRETTにお任せ下さい!!

本日の詳しい作業内容は後日ということで・・・

先日ご依頼いただいた、ロードライトトレーラーの車検&整備をご紹介します。

P1000338


昨年当店で整備させて戴いた車両です。
整備後ではありませんよ。
去年の整備結果がキッチリと出ています。

P1000339


P1000342


問題ありませんが確認の為にO/H&グリス交換です。
洗浄後です。

P1000343


バッチリ整備を行なわせていただきました。
車検も勿論1発OKでした。

P1000354


ボートトレーラー整備・ボートトレーラー車検・販売はBARRETTまで!!

ご依頼はこちらまでお気軽にお問合せ下さい。

ソレックス14FA トレーラー車検

今日も天気がよくスッキリと晴れましたね。

先日ご依頼いただいたソレックス14FAボートトレーラー整備をご紹介します。
まずは足回りからですがパーキングブレーキのバッドが外れて無くなっていいてブレーキが効かない状態でした。

P1000296


片方も磨り減っていたので左右共交換です。
パーキングブレーキですので磨り減っていてはおかしいのですが・・・
走る時は解除をお忘れなく!!

P1000297


ハブ内部は水が混入して乳化しています。
水が混ざるとグリスの性能が低下しベアリングも痛めます。

P1000298


水の混入の原因ですがコレです。
原因ですがオイルシールの劣化では無く、ビニールシートをボートカバー代わりに代用されており、ほつれたビニールシートの破片がスピンドルに巻き付いた結果起こった症状です。
ビニールシートを代用されている方、お気を付け下さいね。

P1000299


P1000304


古いグリスは全て出して、パーツウォッシャーで洗浄です。

P1000303


綺麗になったパーツです。

P1000305


新しいオイルシールに交換して

P1000307


灯火類や各所増し締め・点検して完成です。

P1000311


ご覧のようなディスク式のパーキングブレーキの場合、ディスク面にグリスが付くとブレーキが効きませんのでご注意下さい。

P1000310


ボートトレーラー代行車検 ボートトレーラー修理 販売 はBARRETTまで!!

ご依頼・お問合せはこちらまで!!

ステーサー420VN カスタムデッキ!!

78b0b488.jpg
今日も快晴でしたね。
この天気も今日までで明日は雨もようです。
少し前にご依頼戴きご紹介したステーサー420VNのカスタムデッキの詳細をご紹介します。

全体です。

P1000312


P1000317


バウデッキ下にはちょっとした小物を入れるのに便利なバウアンダーデッキを装備しています。

P1000337



フロントデッキです。
ライナー付きストレージが2ヶ所・ユーティリティーストレージが1ヶ所になります。
ライナー付きストレージにはワームパックがキッチリ収まるサイズですので右にベイト用・左にライトリグ用など使い分けができます。
ユーティリティーストレージは法定備品やランディングネット・マーカーブイなどの収納に便利です。
ユーティリティーストレージにはガスダンパーが装備されています。

P1000320


P1000321


ライナーは取り外し可能ですので季節やフィールドによって交換する事が可能で取外せば大きなユーティリティストレージとして使用できます。

P1000322


ビルジポンプ・ライブウェルのコントロールはフロントで操作可能です。
ドライカーボンパネルです。

P1000326


センターデッキは左右2ヶ所ガスダンパー装備のライナー付きストレージがあります。

P1000319


センターはバッテリーストレージとなります。

P1000324


リア側のセンターデッキにはライブウェルがありロッドの折れを防ぐサポートデッキを装備しています。
この船体のように浮力体が小さい場合は浮力体後方にライブウェルを埋め込む事ができます。
ライブウェルライナー・ハッチとも既存の物を使用しています。
当店のオリジナルライブウェルは下記の画像のものになります。

画像 012


画像 013


P1000316
P1000328


船外機使用時に足を入れたりバッカンやクーラーBOXを収納するのに便利です。

P1000335


リアデッキです。
P1000330


P1000329


全体を開けた状態です。

P1000318


当店では専用ソフトを使用し個々のお客様に合ったレイアウトを提案・製作させて戴いております。
また作製させていただいたプランを元に追加やレイアウト変更等を行なう事でよりご希望に沿ったデッキを作製する事が可能です。
ご遠方のお客様であればメールでデーターのやり取りができますのでご好評をいただいております。

今回のご依頼戴いた船体のデータです。

))


シーズンオフ中にカスタムデッキはいかがですか??
もちろんフロントのみの個別製作やストレージの追加等もお任せ下さい。
カーペット張替をご思案中の方には特にお勧めです。

アルミボートデッキカスタム アルミボートマリンカーペット張替はBARRETTまで!!

ご依頼・お問合せはこちらまでお気軽にどうぞ。

BARRETT歳末キャンペーン!!

今日は風も無くスッキリとした天気でしたね。
早いもので今年も残すところ1ヶ月ちょっととなりました。
悩んでいましたが今年のキャンペーンが決まりました。
キャンペーンの内容は10フィートから12フィートアルミボート専用の普通ナンバーボートトレーラーとなります。

最大の特徴はフレームがアルミ製(トング・ステーはスチール製)で車両総重量が310kgと軽量です。

と言うことは・・・

排気量の小さな車でも連結検討取得可能で牽引する事が可能です。
極端な話(トランスミッションや車への負荷は別と考えて)軽自動車でも牽引する事が可能です。
ホンダ ライフ FF を例に挙げると車体の総重量が980kgですので牽引できる車両総重量は慣性ブレーキ付で1240kg、慣性ブレーキなしで490kgとなりますので法律上牽引できることになります。

大抵の普通トレーラーは車両総重量が500kg以上ですのでその軽さが解っていただけると思います。

使用しているパーツを見ていただくと解りますがこのトレーラーは誰もが知る有名一流メーカーの物ですので剛性・耐久性とも抜群です。
実際に当店がサポートしている大淀選手も同型を使用しています。

またトングを延長したりする事無く、船外機をつけたまま運搬が可能です。

画像はポーラークラフト1256が載っています。
このボート自体かなりの幅がありますが余裕で納まっています。
(この船体をご希望の方は在庫艇ですが新艇¥65,000となっています)

P1000360


P1000368


トランサムもはみ出す事無く納まります。

P1000367


ボートを下ろした状態です。

P1000375


トレーラージャッキ・ウインチ共にFULTON製を標準装備しています。
画像のバウタワーはショートタイプですが実際は倍の長さの標準タイプが装備されます。


P1000361


必要なキールローラー等も装備しています。

P1000376


タイダウンを固定するのフックも装備されます。
画像にはありませんがセンターにはキールローラーが付属しますのでトランサムセーバーの装着が可能になります。

P1000377


LEDではありませんが高耐水型コンビネーションランプが装備されます。

P1000378


ハブですが従来のグリス継ぎ足しタイプでは無く交換タイプのスーパールーブ仕様になります。

交換方法ですがゴムハンマー等でハブキャップをはずしこのニップルから

P1000383


グリスガンで注入します。

P1000384


すると奥から新しいグリスが送り込まれ古いグリスが出てきます。

P1000386


グリスをふき取りキャップをして完成です。
簡単にグリス交換ができます。

P1000389



主なスペックは下記となります。

     種別:小型普通
 最大積載量:200kg
   車両重量:110kg
 車両総重量:310kg
      長さ:427cm
       幅:156cm
      高さ:91cm
パーキングブレーキ:チェーン式

                となります。

オプションは下記となります。

タイヤロック式駐車ブレーキ:\26,250-
 ショックアブソーバーセット:\26,250-
        サイドサポート:\17,850-
固定式トランサムタイダウン
           スチール:\14,700-
          ステンレス:\18,900-
       タイダウンベルト:\2,730-
     トランサムセーバー:\8,925-
      フレームペイント:\30,000-

標準仕様の価格は予備検査込みの「税込¥128,000」です。

勿論、新車ですので最初は2年間の車検が付きます

お客様ご自身で登録を行なう場合の登録諸費用は

       重量税:\10,000-(2年分)
    登録手数料:\700-
ナンバープレート代:\720-
    自賠責保険:\5,120-
     車庫証明 :\2,700
 
       合計 \19,240- となります。

車体\128,000+諸費用=\147,240-で乗り出しが可能です。

(代行登録をご希望の場合はプラス\12,000-となります)


普通ナンバーの年間の維持費ですがユーザー車検の場合

    自動車税:\5,300-
     重量税:\5,000-
検査・登録印紙:\1,700-
自賠責保険  :\5,120-

合計 \17,120-となり、月額\1400ちょっとの維持費となります。

現在カートップまたは乗換を考えている方いかがですか?? 


「10ft〜12ftアルミボート専用トレーラー 税込\128,000 限定5台」

   先着順となりますので無くなり次第終了となります。

     ショッピングローンでのご購入も可能です。

   
ボートトレーラー販売 アルミボート販売 は BARRETTまで!!

お問合せ・アクセスはコチラまでお気軽にお問合せ下さい。



スナガイーグル465キャンペーン!!

先日発表したスナガイーグル465キャンペーンですが多くのお問合せありがとうございます。
やはり一番多いお問合せが「価格」です。
そこで価格を発表させていただきます。
内容は以前と同じですが「限定3台」から「限定5台」になりました。

価格は「税込み\2,350,000」となります。

バッテリーと法定備品・陸送費・トレーラーナンバー登録は別途となりますが(当店でもご用意させていただけます)¥2,350,000にプラス上記の4点で乗り出し価格となります。



カラーは下記の3種類からお選びいただけます。

NO1

465-1-1
465-1-2
465-1-3


NO2

465-2-1
465-2-2
465-2-3


NO3


465-3-1
465-3-2
465-3-3


セット内容:船体・船舶検査込み(法定備品・バッテリー別途)
エンジン MERCURY 60ELPT XRi Four-Stroke
エレキ  MOTORGUIDE TR-82V
      トレーラー(予備検査付)

標準装備品
 
  デッキ:ストレージ×2 ロッドストレージ×1 
      アイスBOX×2 サイドストレージ×2
      バッテリーストレージ×1 フロントトリムスイッチ
      クリート×4 ライブウェル マリンカーペット
      ガス圧ポールキャスティングシート×1 リアシート

コクピット:燃料メーター タコメーター スピードメーター
      トリムメーター スイッチパネル タイマー式エアレーター
      カップホルダー ベンチシート 

その他  :40Aブレーカー バッテリートレイ×3

新艇がこれだけの装備で 通常価格¥2,763,600-
  
      税込み価格 ¥2,350,000です。


ご購入後のアフターサービスも万全ですので安心してお乗りいただけます。

ご成約のお客様には当店からさらにプレゼントがあります。
 これだけでもかなりお得です。

無くなり次第終了となりますのでご検討中の方はお急ぎ下さい。

ご購入にはボートローンもご利用いただけます。

詳細事項は当店までお問合せ下さい。

スナガEAGLE465のお求めは正規ディーラーのBARRETTまで!!

詳細事項は0596-21-2307またはbarrettboat@email.plala.or.jpまでお気軽にお問合せ下さい。


フロートボートデッキ作成

今日は曇り空のパッとしない一日でしたね。
雨が降りそうでしたがなんとか大丈夫でした。
本日ご紹介するのは当店では珍しいフロートボートのデッキ作製をご依頼いただきました。
製作過程の写真を撮り忘れましたのでありませんが完成はこんな感じです。
マリンカーペット仕様です。
以前にも書きましたが当店が使用するマリンカーペットは裏地にラバーが付いていますので雨で濡れても下地まで染み込むことがありません。
よってデッキも長持ちします。
ジョンボートやVハルボートをカートップでご使用の方にもお勧めのカーペットです。
車内がベトベトに濡れるの嫌ですよね!!
また雨に濡れても立て掛けておくだけでパイルの折方向に向けて水が流れますので水切り性が良く乾きもとても早いです。
当店に板に貼り付けたカットサンプルがありますのでそちらを水に濡らして実際に見て頂くことも可能です。

後から見た様子です。
ペディスタルベースを埋め込んでいますのでシートを直接さして使用で来ます。


画像 065


ロッドホルダーも装備していますので狭い足元もスッキリでストレス無く使用できます。

画像 064


フロントにはエレキマウントが設けてありますのでハンドコンやモーターガイドのブルドッグが使用できます。

画像 063


デッキは簡単に取外せますので準備や後片付けも簡単です。

当店に型はありますのでご遠方の方等はご注文いただければお送りさせて
いただく事も可能です。

アルミボート バスボートマリンカーペット張替 はBARRETTまで!!

お問合せ・アクセスはコチラまでお気軽にどうぞ!!

明日(本日11/15)は定休日の為、お休みになります。

16日(火)は出張作業の為、半日又は1日留守になると思いますので
ご来店の方はご来店前にお電話頂ければ幸いです。


ヤマハ90AETO ロアーケース修理

今日は暖かい一日だったのではないでしょうか?
しかしターンオーバーは真っ最中のようで釣果は上がっていないようです。
さて先日修理のご依頼をいただいたヤマハ90AETOのロアーケース修理をご紹介します。
シャフトシールからの漏れです。

画像 337


ギアオイルを抜くとご覧の通り水が混じっています。

画像 435


ギアオイルを抜くドレンプラグ先端は金属粉を集めるようにマグネットになっていますがご覧のとおりビッシリ集まっています。

画像 436


SSTを使用しキャリアを抜き取ります。

画像 441


抜き取ったキャリアは汚等が酷いので

画像 489


ブラスト処理を行なわせていただきました。

画像 490



ロアーケース内もキレイになりました。

画像 491


シールからのオイル漏れですがシールを交換しても治らない場合があります。
その理由がこれです。
画像の丸部分がオイルシールの当たる部分となります。
使用時間の長いエンジンの場合、シャフトそのものが磨り減って漏れることもあります。
そうなるとシャフトも交換する必要がでてきます。
今回は大丈夫でしたのでそのまま使用しました。

BlogPaint


インペラーも痛んでいたので交換です。

画像 500


全て組付け、最後に漏れがないかリークテスターでリークテストを行います。

画像 517


完成です。

画像 430


ご自分でオイル交換されている方は抜き取ったオイルに水が混じっていないか確認にしてくださいね。
乳化しているようであれば早めの修理をお勧めします。
ご自分でロアーを外せる方はロアーケースを送って戴いての修理も可能です。

船外機販売 船外機修理 ロアーケース修理 はBARRETTまで!!

ご依頼・アクセスはこちらまでお気軽にお問合せ下さい。

ミンコタ40AT 修理!!

今日は日中は比較的暖かった一日でしたね。しかし日が落ちると寒いです。
さて本日はミンコタ40ATの修理をご紹介します。
ご覧の通り「不動」と言うことでご依頼いただきました。
スケグも折れ、ハウジングの中も錆だらけです。

P1000261


ミンコタに関して「ハウジング等の交換の際にシャフトの再利用はできませんよね??」とよくお問合せいただきます。
ミンコタのシャフトはカーボンコンポジット製ですのでハウジングからシャフトを抜き取るとこんな感じになってしまい再利用は不可能です

P1000262










というのはウソでミンコタでも再利用できますよ!!
こちらもモーターガイドのネジ切り同様に旋盤で加工させていただきます。
ネジ切りの際はボロボロになった部分をカットしてしまいますので約3.5cm元の長さより短くなります。
まぁ気にする長さでは無いですが・・・

P1000266


新しいハウジングコーンを取付けた状態です。

P1000268


新しいブラシホルダー&ブラシです。

P1000274



センターハウジングもブラスト処理後に塗装させていただきました。

P1000275


新品のアーマチュアです。

P1000276


そうそうシャフトベアリングにはカラーと呼ばれるベアリング受けが取付られていますが長年使用すると磨耗して穴が空いてちぎれます。
このエレキにとりつけられていたカラーが右で左が新品です。

P1000271


このカラーが破損したまま使用するとベアリングの玉がシャフトに直接当たり摩擦でこんな状態になります。

参考写真
P1000272


今回はギリギリセーフでした。

P1000273


ヘッド内の配線もキレイにまとめて

P1000277


完成です。

P1000279


ミンコタ・モーターガイド共にアフターパーツも豊富に取り揃えておりますので迅速に対応させていただきます。

来シーズンに向けてシーズンオフ中にエレキのメンテナンスはいかがですか??

ミンコタ修理 モーターガイド修理 エレキ修理 アルミボートカスタムは BARRETTまで

お問合せ・アクセスはコチラ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
提携ショップ