バーレットのボートカスタム日記

三重県 伊勢市 アルミボート バスボート モーターガイド ミンコタ エレキ 修理 販売 はBARRETTまで  スナガボート正規ディーラー EXPART EAGLEのお求めは当店まで TEL0596-38-1091 FAX0596-38-1092 email barrettboat@email.plala.or.jp

2010年09月

ミンコタ44ATマクサム ヘッド修理!!

雨の影響で寒い一日でしたね。
ターンオーバーも始まりなかなか釣り辛い状況になってきました。
さて先日ご依頼戴いた作業でミンコタ44ATマクサムのヘッド修理です。
今年、何十台この修理を行ったわからない位に多い修理です。
これに伴い10台分ほどのパーツも在庫しておりますので即修理に対応させていただきます。
ご覧のように根元からポッキリと割れています。
画像 485

シャフトベアリングも消耗していましたので交換させていただきました。
画像 486

ペダルからバッテリーまでの配線の延長もご依頼戴きました。
ペダル内部から延長していますので繋ぎ目による発熱等のトラブルもありません。
画像 516

モーター内部のメンテナンスも行わせていただきましたのでこれでバッチリご使用いただけます。
シーズンオフにエレキのメンテナンスはいかがでしょうか??

ミンコタ モータガイド メンテナンス 修理はBARRETTまで!!

ご依頼は0596-21-2307又はbarrettboat@email.plala.or.jpまでお気軽にお問合せ下さい。

ヤマハ30H ロワーケース修理!!

またまた久しぶりの更新となりました。
すっかり秋に近づいてきましたね。
ここの所、非常に忙しく仕事を頂いております。
デッキ加工等大掛かりな作業は10月中旬までご予約が埋まっておりますのでそれ以降の作業となります事をご了承くださいませ。エレキの修理等は賜らせていただきます。
さて久しぶりの内容はステーサー390レイカーに搭載されているヤマハ30Hのロアーケース修理です。
今回は七色ダムのT'sOnさんにて出張修理を行なわせていただきました。
画像 001

ご依頼いただいた理由が「保管中にロワーケースから微量のギアオイル漏れている」という内容でした。
また新艇購入後6年間ほぼノーメンテと言うことでした。
しかも今年5月にあるショップにてギアオイル交換の際にギアオイルでは無く「水のみ」が出てきたそうです。
勿論ショップもお客様も目で確認しています。
しかしそのショップは「大丈夫!!それよりなぜ水が入っているのかなぁ」と言って何の修理もせず新しいギアオイルを注入したようです。
完全にお客様に喧嘩を売っていますね!!
何が「大丈夫!!」なのでしょうか??????
そんな回答をするのはショップでもなんでもありませんよね
ドレンプラグを外したら「ミルキー」が出てきました。
5月に交換してこれですからね・・・・・・
画像 003

ロワーケースを外し、原因を探るとありました。
ドライブシャフトのシールから漏れていました。
画像 005

完全にオイルを抜く為と点検の為にキャリアを取り外します。
画像 008

パーツも全て分解洗浄して古いギアオイルを取り除きました。
画像 009

新しいオイルシールに打ち直したところです。

画像

画像がありませんがインペラも劣化していましたので交換させていただきました。
最後に専用のリークテスターでリークテストを行い漏れがありませんでしたので新しいギアオイルを注入して完了です。
同時にキャブレターの洗浄と調整も行ないました。
画像 002

プラグも消耗していましたので交換です。
画像 012

このあと実際に乗って戴きましたが「早くなった」と喜ばれていました。
決して早くなった分けではありません。
「元に戻っただけです」と説明させて戴きました。

みなさんの船外機も大丈夫ですか???
修理の度合にもよりますが今回のように数時間で終わる作業であれば釣に来られた際に出張修理も可能ですので是非ご利用下さい。

また近畿方面の方や遠方の方などT's-Onさんや近辺でのボート受取・受け渡しも可能です。

よって「釣の帰りに当店が引き取らせて戴き、次の釣の際に受け取って戴きそのまま釣へ」といった事が可能です。
詳しい回送サービスの内容はお問合せ下さいませ。


船外機修理 ロワーケース修理 はBARRETTまで!!

ご依頼は0596-21-2307またはbarrettboat@email.plala.or.jpまでお気軽にお問合せ下さい。

ミンコタ 55ATマクサム×2台メンテナンス!!

しかし今日も暑い一日でした。
そうそう七色ダムのレンタルボート&スロープのT's-OnさんのHPがリニューアルされました。 
本日ですがミンコタ55ATマクサムのメンテナンスをご紹介します。
遥々、岐阜県高山市よりご依頼戴きました。
今回はご友人同士のお二人からご依頼戴き2台のエレキを1個口で送って戴きました。
換算すると送料は1台より2台1口のほうがお得です!!
ご検討中の方はご友人様等お誘い合わせの上ご依頼下さいませ。
BlogPaint

お二人共梱包も丁寧に行なって戴いておりました。
送って戴く際はモーター部・ヘッド部・ペダル部をプチプチ等で梱包して
箱の中でエレキが動かない用に梱包をお願いします。
画像 002

まずは1台目のモーター部ですがブラシの減りも無く綺麗な状態でした。
よく「ブラシ交換をお願いします。」とご依頼戴きますが極端な磨耗や変形していなければ交換する必要はありません。
また交換することで早くなったりもしません。
画像 004

ハウジング内部も綺麗でした。
画像 005

基本のシール類は全て新品交換となります。
画像 006

シャフトベアリングですが「ガタツキ」と「ゴロツキ」がありましたので交換させて戴きました。
画像 007

ピニオンを止めているビスが緩んでいました。
ホントにこのビスよく緩みます。現行の4本になってからは少しマシになりましたが対策を行い締めさせて戴きました。
画像 008

コミュテーターの研磨&ベアリングを交換させて戴きました。
研磨前
画像 003

研磨後
画像 010

組み上げ後のテストではさらに快調になりました。

さて2台目のエレキですがこちらはお客様ご自身でシャフトカットをされその際に曲がっていた端子を戻そうとして折ってしまいご自分で交換されたとの事でした。
画像 013

交換後です。
画像 015

ヘッドの繋ぎ目もビニルテープで絶縁されていましたのでこちもケーブル長さをカットして処理させて戴きました。
画像 016

処理後
画像 023

こんな感じでスッキリと収まっています。
画像 024

ブラシカードを固定しているビスですが錆びている物をよく見ますが余程のことでない限り交換する必要はありません。
交換しても安いものですが・・・
こんな感じで錆びていましたが
画像 017

ブラストで綺麗になります。
画像 018

シャフトシールは劣化でボロボロでした。
間1発浸水をまのがれていたのが幸いです。
画像 019

キャップも錆で塗装が浮き剥がれていました。
画像 020

こちらもブラスト後塗装を行ないました。
画像


メンテナンスは消耗品を交換するだけでは無く故障を事前に防ぐ事も可能ですのでご検討中のお客様は是非ご依頼下さいませ。

ミンコタ修理 販売 カスタム エレキメンテナンス はBARRETTまで!!

ご依頼は0596-21-2307またはbarrettboat@email.plala.or.jpまでお気軽にお問合せ下さいませ。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
提携ショップ