バーレットのボートカスタム日記

三重県 伊勢市 アルミボート バスボート モーターガイド ミンコタ エレキ 修理 販売 はBARRETTまで  スナガボート正規ディーラー EXPART EAGLEのお求めは当店まで TEL0596-38-1091 FAX0596-38-1092 email barrettboat@email.plala.or.jp

2010年01月

ミンコタ44マクサム BARRETTスペシャル!!

おかげさまで超ハードな毎日を送っており、更新できずじまいです。
頑張ってアップします。
このところ暖かくなったり寒くなったり大変な毎日です。
今回はミンコタ44マクサムのBARRETTスペシャルをご紹介させて戴きます。
画像 052

いつも通りモーター部からオーバーホール開始ですがビックリする程綺麗でした!!
しかし綺麗でも消耗品であるシール類は全交換です。
画像 053

ノーマルのヘッドですが、こちらもヘッドケースを含め異常はありません。
画像 054

しかしシャフトを点検中にピニオンを止めているネジが2本とも緩んでいました。当店でメンテナンスさせて戴くエレキの殆どが緩んでいます。
現行の4本支持タイプは緩み難いですが2本止めタイプは結構な確率で緩みます。
画像 055

シャフトベアリングを交換後、ロックタイトを使用し確実に締め付けます。
画像 057

ペダル部もノーマルから
画像 058

BARRETTスペシャル後はこのようになります。
勿論、点検も全て行わせて戴いております。
画像 059

ヘッド内部もご覧の通りスッキリ納めさせて戴きます。
画像 066

BARRETTスペシャル標準のコミュテーター研磨でこのような状態から
画像 061

研磨後は真円が出た綺麗な状態になります。
画像 062


四日市市よりご依頼のK様、大変お待たせしました。

ミンコタ エレキ修理 カスタム はBARRETTまで!!

ご依頼・お問合せは万陽書房伊勢店様・barrettboat@email.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さいませ。

マーキュリー60EFI メンテナンス!!

しかし寒い日が続きますね。
天気予報ではこの寒さも今週一杯が山だと言っておりました。
さてこのところシーズンオフ中のメンテナンスのご依頼が集中しておりその中の一台をご紹介させて戴きます。
ご依頼戴いたエンジンはMecury60EFIです。
画像 002

まずは消耗品であるエンジンオイル・エレメント・ギアオイルの交換から行いました。
抜き取ったオイルです。
新品のオイルは飴色ですが抜き取ったオイルはご覧の通りです。
画像 018

ただでさえ粘度が高いギアオイルですが追い討ちをかけるかのように寒く入れ辛いですが当店ではエアー圧送にて入れ替えております。
入れ替えもスムーズです。
画像 013

オイル交換と同時にガスケットも交換させて戴きます。
BIGFOOTはExhaust・VENT・LEVELの3箇所ありますが全て交換です。
画像 011

正直ここまでの作業はユーザー様自身でも行えます。
また大切な事ですが各所の目視点検等もユーザー様で行えますね。
当店ではDDTテスターにて診断させて戴いております。
画像 005

DDTにてテスタする事で
・フェールポンプ
・イグニッションシステム
・メインリレー
・ホーン
・IACバルブ
・フェールポンプリレー
・各センサー
等のチェックを行わせて戴いております。
また画像の様に履歴も分かります。
この画像では何回転でどれだけの時間走行したかが分かります。
その他様々な履歴が分かります。勿論リセットも出来ます。
画像 033

何でもそうですがこのテスターも同じで使いこなせて100%です。
残念ながら修理までは行ってくれません。
電装パーツに隠れたヘッドボルト等も
BlogPaint

電装パーツを取外し、点検させて戴いております。
勿論、規定トルク・指定順で増し締めも行わせて戴いております。
BlogPaint

プラグはギャップ計測後、消耗していなかった為クリーニングさせて戴きました。正常なパーツまで交換は行いません。
クリーニング前
画像 036

クリーニング後
画像 039

その他コンプレッションテストや
画像 040

画像にはありませんがフェールプレッシャーテスト・シリンダーリークダウンテスト・ロワーケースリークテスト・シリンダー内壁点検等専用機器を駆使し細かく点検させて戴いております。

来シーズンに向けてメンテナンスはいかがですか!?

船外機のメンテナンスはBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店様・barrettboat@email.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さいませ。

ミンコタ74マクサムBARRETTスペシャル!!

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
本年もBARRETTを宜しくお願い致します。
しかし、寒いですね・・・
さて新年1発目の作業ですが、昨年末にご依頼戴きパーツの入荷待ちでしたミンコタ74マクサムのカスタムを行わせて戴きました。
画像 001

お客様自身がオークションにて購入され、運送中の破損事故で修理ご依頼戴きました。
見事にヘッドが割れています。
画像 002

同時にBARRETTスペシャルをご依頼戴きましたので全てオーバーホール開始です。
先ずはモーター部から分解です。
結構な汚れでしたが致命的なダメージはありませんでした。
画像 003
画像 005

洗浄後は見違えるよう綺麗になりました。
画像 157

コミュテーターもこのような状態から
画像 153

研磨後はこのような状態になります。
画像 156

当店での定番メニューとなったコミュテーター研磨ですがBARRETTスペシャルには標準で含まれております。

次にシャフトのベアリング交換ですが点検中に「???」となりました。
カラーをずらすとベアリングの玉が落ちてきました。
玉が落ちる事はよくありますがここからが「???」です。
通常ベアリングはこのような形状をしていますが
画像 011

玉のみだけが入っており、玉をベアリングコーンで受けている状態でした。これがベアリングコーンです。
画像 008

結果ベアリングの玉が直接シャフトに当たり使用していたようで玉の摩擦でシャフトが1週えぐれていました。
お客様にご連絡後、交換させて戴きました。
画像 009

なぜこのような組上げを行ったのかは不明ですが私の推測する限り、前オーナー様自身、もしくは知識のないショップが組上げ後にベアリングの
入れ忘れに気づき後から入れた物と推測します。
それが伺えるのが先程のベアリングコーンです。不自然に切られています。
入れ忘れの場合は全てやり直しですので横着を行った結果ではないでしょうか?
前者の前オーナー様自身の交換ならともかくショップの作業ではありえませんね。
シャフト交換の際、古いシャフト抜き取り後は専用タップツールでロック剤やシャフトのカスを全て取り除きます。
この作業を行う事で確実に新しいシャフトをねじ込む事ができます。
画像 152

シャフト交換に伴い旧シャフトのピニオンレースは2点止め式でしたので現行の4点止めにASSY交換させて戴きました。
ホールド性が全く違います!!
画像 158

画像 160

ケーブルジャケットもあちらこちら裂けたり穴が空いておりましたのでご提案後、交換させて戴きました。
画像 013
画像 014

配線引き回し・組上げ後のヘッドです。
画像 163

今回はヘッド破損に伴い、トップ・ボトム両方の交換を行わせて戴きました。
画像 166

画像 167

完成です。
画像 165


名古屋市よりご依頼のS様大変お待たせしました。
ご来店お待ちしております。

ミンコタ修理 カスタム エレキ修理 はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店様・barrettboat@email.plala.or.jpまでお気軽にご依頼、お問合せ下さいませ。

業務連絡
伊勢市のU様、ご来店&ご依頼ありがとうございました。
伊勢市T様、順次ご案内させていただきますので今しばらくお待ち下さいませ。
伊勢市K様、順次ご案内させていただきますので今しばらくお待ち下さいませ。
伊勢市G様、例のパーツ発注させていただきましたので入荷まで今しばらくお待ち下さいませ。

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
提携ショップ