バーレットのボートカスタム日記

三重県 伊勢市 アルミボート バスボート モーターガイド ミンコタ エレキ 修理 販売 はBARRETTまで  スナガボート正規ディーラー EXPART EAGLEのお求めは当店まで TEL0596-38-1091 FAX0596-38-1092 email barrettboat@email.plala.or.jp

2009年09月

マーキュリー 50EFI BIGFOOT エンジン&ギアオイル交換!!

激しい雨の一日でしたね。
今週は天気が不安定なようです。
さて本日ですがマーキュリー50EFIのエンジンオイル&ギアオイルの交換をご依頼頂きました。
画像 023

古いギアオイルですが水の混入はありませんでしたが結構汚れていました。
画像

当店では全て安心の純正品を使用させていただいております。
勿論オイル交換の際はガスケットも全て新品に交換しております。
画像 024

新しいギアオイルを注入中です。
画像 025

エンジンオイルもそこそこの汚れでした。
画像 026

あとはエレメントを交換し新しいオイルを入れて完了です!!

船外機オイル交換 メンテナンスはBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店様・松阪店様・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さいませ。


トレーラーライセンスプレートステー!?

快晴の一日でしたね。
シルバーウィークはいかがでしたか!?
家族サービスをされた方も釣をされた方も楽しまれたのではないでしょうか?
さて本日ですがトレーラーのライセンスプレートのステーの修理!?をご依頼いただきました。
不具合内容ですが付属のステーが樹脂製の為「グニャグニャ」で頼りないと言う内容です。
ナンバーも傾いて取付られています。
???? 010

指で軽く押すとご覧の通りです。
これはスロープで障害物からナンバーを守る役割も担っていますが、ハッキリいってクオリティは低いです。
今年5月に購入されたそうですが購入した際にショップに聞くと「アメリカ製はこんなものです。」と言われたそうです。
確かにアメリカ製はそうかもしれませんが、購入し、使用するお客様は日本人です!!細かい所までこだわる、それがジャパニーズクオリティではないでしょうか!?
BlogPaint

新たにステーを作製させて頂きました。
スロープで接触しないよう少し角度を付けています。
BlogPaint

取付もバッチリです!!
BlogPaint


ボートトレーラー 修理 メンテナンスはBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店様・松阪店様・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さいませ。

スナガ イーグル435 エレキリセストレー取付!!

ほんと朝&夕、寒くなりましたね。
日中は過ごし易く、サイコーの気候です!!
さて本日ですが、スナガ イーグル435にエレキのリセストレー取付のご依頼をいただきました。
画像 001
画像 002
画像 003

カットラインを書いたところです。
画像 004

ラインに沿って切ります。
デッキはFRP・コンパネ・FRPの三層で出来ておりますが、その下はウレタンフォームが充填されています。
必要の無い部分だけ切り抜いたところです。
画像 006

カット後のコンパネの断面はこのようになっていますが
画像 007

腐食防止の為、樹脂にてコーティングさせて頂きます。
画像 008

ドレンがストレージに回らないようにドレンホースを取付けます。
画像 009

トレーとペダルをビスで固定して完成です!!
画像 017
画像 018

腰痛持ちの方・キャスティングシートを使用しない方、本当にです!!
取付に関してですが、画像ではサクサクやっていますが位置決めや切り取り等、知識と技術が必要になりますので当店又は信頼できるショップさんで取付けて下さい。
FRPボートはアルミボートのデッキと違い失敗すると大変な事になります。

バスボート アルミボート リセストレー取付はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店様・松阪店様・kurisuke5656@aqua.plalalor.jpまでお気軽にご質問・ご依頼下さいませ。

メール不通の件ですが大変ご不便をお掛けしましたがプロバイダの処理が完了しましたのでこれまで通り上記のアドレスまでご依頼下さいませ。

ミンコタ マクサムハンドコン 55Tメンテナンス!!

本日も秋晴れの気持ち良い一日でしたね。
ここ数日間、中間検査や定期検査が6台程ご依頼いただいており、ありがたい事に慌しく更新できておりませんでした。
昨日はプロバイダのトラブルでメールが送受信出来なくなり大変ご迷惑をおかけしました事をお詫び申し上げます。
予定では明日復活すると思いますので復活次第ご連絡させて頂きます。
それまでの間hotmailですがbarrettboat@yahoo.co.jpまでご質問&ご依頼下さいませ。
中間&定期検査をブログネタにしようと思っていましたが素晴らしい事に全てのお客様が「完璧」で、ネタがありません・・・
昨日ですがマクサム55Tのメンテナンスをご依頼頂きましたのでそちらのご紹介です。
故障などはありませんが定期メンテナンスでご依頼いただきました。
プロップを外すとリール状態でした。
定期的に点検して下さいね。
L01A0031

モーター内部は汚れはあるものの綺麗でした。
L01A0028

ヘッドを点検するとビニルテープで巻かれた配線を発見しました。
L01A0030

絶縁処理を行い、配線の一部も溶け掛かっていましたので新たな端子を取付させて頂きました。
L01A0029

バッテリーに接続する端子をワニクチに交換されていますが、私はお勧めしません。
「ワニクチ」は車のブースターケーブル等に使用する簡易的なものですので長時間電気を流すと抵抗がかかり画像の様に溶けます。
L01A0026

お客様にご説明後、圧着端子にて処理させて頂きました。
L01A0024

どうしても「ワンタッチがいい」というお客様はバッテリー専用のワンタッチ端子をご使用下さい。

ミンコタ マクサム エレキのメンテナンス はBARRETTまで!!
ご依頼は万陽書房伊勢店様・松阪店様・barrettboat@yahoo.co.jpまでお気軽にご依頼下さいませ。

緊急の御連絡です!!

プロバイダのトラブルでkurisuke5656@aqua.plala.or.jpが使用できなくなりました。
大変ご迷惑をお掛けしますが、復旧に2日から3日程かかってしまいます。
現在何名かのお客さまとメールにてご連絡をさせていただいておりますが、
復旧までの間、barrettboat@yahoo.co.jpまでご連絡下さいますようお願い申し上げます。
その他のご質問やご依頼も上記のアドレスまで送っていただければご返信させて頂きますので復旧まで今しばらくお待ち下さいませ。

モーターガイド F43V メンテナンス

夜になると肌寒い位になってきました。
暑がりの私にとっては凄い易いです。
さて本日ですがモーターガイド F43Vのメンテナンスをご依頼頂きました。
一度もメンテナンスをされた事がないという事でした。
モーター部ですが損傷はないもののかなり汚れておりました。
画像 004

分解・洗浄後でピカピカになりました。
画像 015

激しい磨耗はありませんがお客様のご希望でコミュテーター研磨を行わせて頂きました。
研磨前
画像 008

研磨後です。こちらもピカピカで新品以上のクオリティに仕上げさせて頂きました。
画像 010

次にヘッド部ですが一部ケーブルが溶けてカチカチになっていました。
画像 007

シャフトベアリングですが異音が出ていましたが取外すとベアリングボールが落ちてきましたので交換させていただきました。
画像 017

当店では隅の隅まで分解し、点検させていただいております。
画像 016

ペダル内部の各スイッチ類に接続されているケーブルがこれも溶けてカチカチになっていましたので新たに作製させて頂きました。
画像 018

画像を取り忘れたのですが、ペダルからヘッドに伸びるパワーケーブルが劣化して硬化しておりましたのでお客様にご連絡後、OFCケーブルに交換させて頂きました。
当店では通常8ゲージを使用しておりますが今回は既存の線もありますので純正の線とほぼ同じの10ゲージを組み込みさせて頂きました。
ヘッドカバー取付前のヘッド内部です。
スッキリと収めさせて頂きます。
画像 021

ペダル内部の配線もスッキリです
画像 003
画像 004

お客様大変お待たせしました。

モーターガイド修理・カスタムはBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店様・松阪店様・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さいませ。

マーキュリー シープロ15修理

比較的すごし易い一日でしたね。
さて本日ですが、マーキュリーシープロ15の修理をご依頼頂きました。
症状は「始動するが、吹き上がらずプレーンしない」というものでした。
1番シリンダー・2番シリンダーのプラグを外すと2番のプラグは燃焼されておらず、オイルでベトベトでした。
(写真を撮るのを忘れてしましました
イグニッションコイル・ハイテンションコードを調べるとイグニッションコイルの1次側が通電していませんでした。
正常なイグニッションコイルです。
画像 001

今回故障したコイルです。
画像 002

結果、2気筒で動くエンジンがコイルの故障によりスパークされず単気筒になっていた為に起こった症状でした。
部品は手配させて頂きましたので、入荷までお待ち下さいませ。

マーキュリー船外機修理・カスタムはBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店様・松阪店様・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さいませ。

モーターガイド TR-82V メンテナンス&修理!!

しかし残暑で暑い一日でしたね!!
さて本日ですが、TR-82の修理&メンテナンスをご依頼いただきました。
最近、県外からのお客様からもご依頼頂きます。
ありがとうございます。
今回は千葉県のお客様よりのご依頼です。
画像 001

故障内容ですが「不動」ということでした。
お客様ご自身!?で8ゲージケーブルに交換されたようです。
まずはモーター部からオーバーホール開始です。
オーバーホールされたばかりのようで内部はピカピカでした。
絶縁処理もきちんと処理されお客様のエレキに対する気持ちが分かりますね。
画像 006

事前に症状はお聞きしていたのでSEモジュール・ブラシカード・アーマチュアと点検を行いましたがどれも故障はありませんでした。
次に配線類の点検ですがココで発見!!
取付られているはずのパーツがありません・・・
それはヘッドに取付けられているインジケーターランプです。
デジタルモデルはモーター部よりオレンジ・緑・茶のケーブルがヘッドに来ております。
ペダル部からはオレンジ・緑・黄のケーブルがヘッドにきており、それぞれオレンジはオレンジ、緑は緑と繋ぎますが茶と黄の線はランプ用の電源です。
ここで注意ですがランプが不要の場合この2本の線があまります。
でも絶対に直結はしないで下さい。
このラインは12Vが流れています。
直結する事によりモジュール内でエラーを起こし出力用の線に出力されなくなります。
不要の場合は絶縁処理を行うか、電球を取外すだけにしてください。
ともあれ高額パーツ破損は間逃れたのが幸いです。
これが直結した状態です。ブラシ全く出力されてません。
画像 014

ランプをかました状態です。シッカリ出力されています。
画像 013

原因が分かったところでシール類・メタルベアリング等の消耗品を取外し洗浄です。
画像 033

SEモジュールにも新たな放熱シリコンを塗布します。
画像 034

パーツを組み込み、モーター組上げ前のコムキャップです。
ケーブルが太くなっている分取り回しにも十分注意を行い組上げます。
画像 035

偏磨耗もありませんがお客様のご希望でコミュテーター研磨を行いました。
画像 039

「偏磨耗していないのに意味あるの??」とお思いの方もみえるとおもいますが簡単に言うと「アメリカンクオリティー」から「ジャパニーズクオリティ」にすると言うのが一番分かり易いとおもいます。
同時に軸の変芯も点検しています。
画像 040

ヘッド・ペダルの配線処理もスッキリと処理させていただきました。
画像 042
画像 043
画像 044

最後にコントロールケーブルのワイヤーテンションを調整させていただき完了です!!

お客様大変お待たせしました。本日(5日)に発送させて頂きました。
ありがとうございました。

モーターガイド エレキ修理 はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店様・松阪店様・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さいませ!!

只今ありがたい事に非常に作業が込み合っております。
申し訳ありませんがお急ぎのお客様もう少しお待ち下さいませ。

サベージSV12 クラック溶接修理

仕事中、キンモクセイの匂いがしたのは気のせいでしょうか?
さて本日ですが、サベージSV12のクラック溶接修理をご依頼頂きました。
クラック箇所ですが水漏れの原因となるハル等では無く、トレーラーで運搬中、常に負荷の掛かる「バウアイ」のクラック修理です。
積載するセッティングにもよりますがウインチで上方向に持ち上げられていた為に発生したクラックです。
その結果バウアイの下側が見事に割れています。
画像 018
画像 046

汚れ等を全て除去します。
画像 019

溶接中です!!
ぐるり一周クラックが入っていますので様々な角度から溶接です。
画像 023
画像 021

溶接完了です。
画像 025
画像 026

当店はTIG溶接機を完備しておりますのでお時間を頂くようなひどいクラックを除きその場で修理させていただきますのでそのままお持ち帰り頂けます。
クラックの場合、早期発見・早期修理が船にも財布にも優しいですよ。
あと保管中、ストラップは緩める癖を付けて下さい。
そのまま保管すると、ベルトも伸びますしバウアイにも負荷がかかっています。同時にタイダウンも緩めて下さいね。

アルミボート クラック アルミ溶接修理はBARRETTまで

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さい。



モーターガイド TE-781 修理!!

雨の予報でしたが降る事も無く天気は持ちこたえた一日でしたね。
さて本日ですがご依頼頂いていたモーターガイドTE-781Vの修理を行いました。
781と言えば81ポンドながら36Vで稼動しています。
症状ですが「使用中、突然止まり全く動かなくなった」という状態でした。
まずはいつも通りモータ部からオーバーホール開始です。
開けるとブラシとローターが焼けておりました。
画像 003

熱によりマイナス側の被覆が溶けてそれがプラス側のブラシホルダーに接触したようです。
よってブラシカードもプラス側が熱により炭化しております。
過去に他店で修理されたようですが配線の取り回しが悪かったのか今回のような状態になりました。
画像 006

ブラシスプリングも片側が完全に潰れています。
画像 004

コミュテーターですがこのような状態でしたが
画像 001

研磨後テストを行いOKでした。
知識の無いショップでは簡単に「交換が必要です」と言われたお客様が過去にも居ましたが交換だけが修理じゃありません!!
コイル焼けや断線は交換になりますが・・・
画像 002

シールやメタルベアリングなどの消耗品もいつも通り交換です。
画像 048

ブラシカード&スプリングは新品交換させて頂きました。
画像 049

洗浄&組み付けの終わったコムキャップ・モーターハウジングです。
配線も今回のようなトラブルが起こらないように取り回しさせていただきました。
画像 050

気になっていた端子もサービスにて交換させて頂きました。
画像 052
画像 054

最後にビニルテープが千切れ、トランスデューサーのケーブルがシャフトから外れていたので再固定させて頂き完了です!!
画像 055

お客様大変お待たせしました。
ご来店お待ちしております。

モーターガイド エレキ 修理 カスタムはBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さいませ。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
提携ショップ