バーレットのボートカスタム日記

三重県 伊勢市 アルミボート バスボート モーターガイド ミンコタ エレキ 修理 販売 はBARRETTまで  スナガボート正規ディーラー EXPART EAGLEのお求めは当店まで TEL0596-38-1091 FAX0596-38-1092 email barrettboat@email.plala.or.jp

2009年08月

レンジャー520 ストレージハッチ 修理完了!!

秋の匂いが強くなってきましたね。
辺りも稲刈りがスタートし刈取った後のワラの匂いが漂っています。
あの匂いなぜか「ホッ」としませんか?私は大好きです!!
さて本日ですが、先日から修理を行っていたレンジャー520のストレージハッチが完成し、納品させて頂きました。
お客様のご希望の強度が「象が乗っても壊れない」というのがご希望でした。
ノーマルのままウレタンを注入してもいずれ同じ事になりますので補強をいれさせて頂きました。
補強はこのようになっています。
画像 044

ここからプラス秘密の補強を施させて頂きました。
申し訳ありませんが秘密です。
そしてウレタン注入です!!
こんなお菓子ありません??
見た目はフワフワでも触るとカチカチです。
L01A0048

注入後の断面ですが修理前と後との差は全く違います。
修理前のウレタンに硬さは無くパサパサした感じでしたが
画像 028

当店の使用するウレタンは高密度でカチカチになります。
L01A0047

カット跡も綺麗に直して完成です。
画像 029
画像 028

完成後テストで上に乗って見ましたが、全くたわみませんでした。
これなら「象が乗っても大丈夫」!?な位に強度アップしました。

バスボート 修理 カスタム はBARRETTまで

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にお問合せ下さい。





モーターガイド TR-82 コントロールケーブル交換!!

まだまだ残暑の残る暑い一日でしたね。
さて本日ですが、モーターガイド TR-82Vの修理をご依頼いただきました。
当初はロング側のケーブルが外れたとのご依頼でしたが、ヘッドカバーを開けると・・・・・・
このような状態でした。
L01A0046

少し見にくいのでアップです。
L01A0045

コントロールケーブルはワイヤーで出来たアウター(外側)チューブの中にインナー(内側)ワイヤーが通ってコントロールする仕組みになっていますがアウター側のチューブが裂けて「シャクトリ虫」のようになっていました。
今回のケースは稀ですが、過去にも一度ありました。
原因としてはロングケーブルが外れた際、ショート側のケーブルがフリーになり過回転してしまい破損します。
コントロールは2本のケーブルでコントロールしています。
その為どちらかが外れるとケーブル長さのキャパ以上に過回転します。
今回も外れていたのはロング側(ペダルのかかと側)でしたが、破損していたのはショート側(ペダルスイッチ側)のケーブルでした。

防ぐ方法は外れた際、ペダルは踏み込まずマウントに上げる際もモーターの自重で回転しないように手で固定してマウントに収めて下さい。

調整も行いバッチリです。
L01A0044


ケーブルジャケットも破れていましたので修理させていただきました。
L01A0042


モーターガイド 修理 カスタム はBARRETTまで

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さい。

ヤマハ F25 修理完了!!

だんだん気候が秋になってきましたね。
でもまた暑さが戻ってくるという予報です!!
さて先週末にご依頼頂きましたヤマハ F25 セルモーターの修理が完了しました。
凄いことなっています・・・
リアブラケットの一部が割れ、ブラシホルダーが見えています。
勿論不可動です。
画像 033

開けると中は錆び錆びでこれまた凄い事になっています。
画像 034

画像奥のアーマチュアのコミュテーターも通電不良です。
画像 035

このままでは勿論使用できませんのでココでコミュテーター研磨の出番です!!
ココまで綺麗に仕上がりました。
仕上げ後はテスターにてテストを行いOKでした。
画像 037

他のパーツも全て分解&洗浄・点検を行い必要ヶ所にグリスアップです。
画像 038

今回はリアブラケットASSY・ボルトの交換で対応させていただきました。
画像 039

画像 040

お客様お待たせしました!!
日曜日のご来店お待ちしております。
お気を付けてご来店下さいませ。

船外機 修理 カスタム はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さい。

8/30 日曜日は出張の為、午後からお休みさせて頂きます。
午前は営業しておりますのでご了承下さい。

レンジャー520 ストレージ修理!!

今日も暑い一日でしたね。
でもお盆を過ぎ夜はすごし易くなりました。
さて本日ですが少し珍しい作業をご依頼頂きました。
レンジャー520のストレージハッチの修理です。
今は珍しいレイクXです!!いつ見てもいいですねぇ
画像 026

症状は簡単で、ハッチ上に乗ると異常な位に凹みます。
画像では分かり辛いですが、指で押さえて分かるくらいです。
画像 027

原因ですがストレージが2重構造になっており、中間に発泡ウレタンが注入してあります。
この発泡ウレタンですがFRPにくっつきます。
従ってFRP→ウレタン→FRPのサンドウィッチ構造にする事で強度がでます。
しかし今回のように長年の使用で劣化し、剥離すると極端に強度が落ちます。場所がセンターストレージの2枚ですのでフロントデッキに行く時は必ず踏む場所ですので仕方ないですが・・・
新品ハッチも取寄せ出来ますが、目が・・・になるくらい$$$です。
勿論今回のように修理は可能です!!

指が入る位に剥離しています。
画像 028

方法は何通りかあるのですが今回はお客様のご希望でカーペットを貼替えずに修理させていただきます。
カットし、中のウレタンを全て取り除きました。
画像 030

今回は対策として硬質ウレタンの再注入と補強で修理させていただきます。

バスボートの「ストレージが最近やけにたわんで気になる」という方はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さい。

マーキュリーシープロ15 メンテナンス&修理!!

お盆休みはいかがでしたか?
さて本日ですが、マーキュリーシープロ15の修理をご依頼いただきました。
少し前までは「15馬力」と言うと「シープロ」という程、代名詞的な船外機で多く市場に出回った船外機です。
修理内容ですが、「エンジンは掛かるが走り出すと止まる」「冷却水が通常より少なく、熱湯になって出てくる」「エンジンカウル内がガソリンかオイルで異常に汚れている」といった内容です。
少し分かりにくいですが、「チョロチョロ」と言った出方です。
画像 007

インペラーの交換もご依頼いただいていましたので、交換&チェックです。
冷却水が出ない場合、殆どがインペラーの破損が原因ですが・・・
ヒビ割れはあるものの破損はしておらずこの状態OKです。
今回は前回の交換時期が不明なのと、ヒビ割れがありましたのでご依頼どおり交換です
画像 016

左が新品で右が古いものです。
画像 018

冷却系統の詰まりを確認するも詰まりは無くサーモスタットをチェックすると「ビンゴ!!」リフト開始温度温度でも約1ミリ開く程でした。
これでは循環されませんね・・・
これが問題のサーモスタットです。
画像 013

組上げ後、サーモスタットを取外し、テストするとOKでした!!
次はガソリン漏れですが、キャブレターのガスケットが劣化し漏れていました。またリードバルブとキャブレターのジョイント部からも漏れていましたのでガスケットの交換が必要でした。
直接漏れていたガスケットが白丸の部分です。
キャブ本体とチャンバーの間に入っているガスケットです。
画像 017

キャブレターのオーバーホールもご依頼頂きましたので、分解&洗浄です。
徹底して分解し、洗浄します。
画像 014

洗浄後の廃液ですがご覧の通りです。
画像 023

オイルやガソリンでドロドロ状態です。
画像 015

全て洗浄し綺麗になりました。
画像 021

プラグの点検ですが電極の消耗も少なく交換はパスです。
右のプラグと比較して下さい。左のプラグは新品ではありませんよ。
磨いただけでここまでなります。
当店の点検・メンテナンスは細かなところまで抜かり無く行います。
「必要な物だけを交換し、使用出来る物は極力使用する。」
を第一に考え作業させていただいております。
お客様、パーツ入荷まで今しばらくお待ち下さいませ。

船外機の修理 メンテナンス カスタム はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さいませ。

ただいまご予約による作業が込み合っております。少しお待ち頂く場合もございますので予めご了承下さい。

デリカ ヒッチメンバー取付!!

今日も暑い一日でしたね。
明日よりお盆休みの方も多いのではないでしょうか?
当店も明日より16日までお休みを頂きます。
さて本日ですがデリカのヒッチメンバー取付をご依頼いただきました。
画像 007

今回、ヒッチ自体はお客様のお持込で取付のみです。
最近は程度の良い中古品がオークションなどで購入できますね。
ただ注意したいのが付属品等がそろっているか?
取付ける車種に適合するか?(同じ車種年式でもモデルにより異なる場合があります。)
不安な方はヒッチも購入していただく事をお勧めします。
各メーカー取扱っております。
勿論今回のように持込でも取付させていただきます。
信頼できるTAGMASTER製です!!
画像 008

いつものように配線の接続はタップを使用せず、全てハンダで接続させていただきました。
画像 009

取付完了です!!
画像 011

午後より連結検査検討書を作成し、陸運局に行ってきました。
登録前
画像 013

登録後
画像 014

「牽引可能なキャンピングトレーラー等の車両総重量は主ブレーキありの場合及び主ブレーキなしの場合、それぞれ1990KG、及び750KGとする。」
という文章が追加記載されています。
殆どの方はご存知だと思いますが、この「主ブレーキあり」とはトレーラ本体にブレーキ(慣性ブレーキ)が搭載されている物を差します。(サイドブレーキではありませんよ)
「ブレーキ無し」はおなじみのライトトレーラーです。

ヒッチメンバー 販売 取付 はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さい。

当店は13日〜16日までお盆休みを頂きます。

万陽様は通常通り営業しております。

モーターガイド HT-82 カスタム!!

台風9号の影響で各地に多大な被害が出ております。
被災に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
ここ伊勢市で雨が止んだと思うと「バケツをひっくり返したような豪雨」が降りまさに「ゲリラ豪雨」な一日でした。
さて本日ですが、モーターガイド HT-82のカスタムをご依頼頂き、その作業を行いました。
カスタム内容は27インチにシャフトカット・HT-82からHT-109へバージョンアップ・メタコン仕様コントローラー・とう内容です。
いつもどおりにモーターのオーバーホールから開始です。
コムキャップからブラシカード・SEモジュール・シャフトシール・メタルベアリングを外し、洗浄&交換を行います。
画像 002

消耗品を新品に交換し組上げます。
シャフトシールに新たなグリスが見えます。
画像 003

上が109HTのモーターハウジング&アーマチュア
下が取付られていた82HTのモーターハウジング&アーマチュアです。
画像 001

こちらがコントローラーになります。
ON−OFF 前進・後進の操作がフロントデッキにいながら操作できます。
手のひらに収まるコンパクトサイズで、手に握れば人差指でON−OFFできます。また本体から取外せますので片付けの際もケーブルが邪魔にならずコンパクトになります。
画像 005
画像 006

本体への取付はメタルコネクターで簡単に装着できます。
DSC00446

ハンドルを残しての取付も可能ですが「不要」とのことで取外しさせて頂きました。取外した際、穴は専用のプレートで蓋をさせていただいています。見た目もバッチリです!!
DSC00445

完成後です。
DSC00448


エレキ 修理 カスタムはBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さい。

ステーサー370V アルミクラック溶接修理!!

暑い一日でしたね・・・
さて本日ですがステーサー370Vのクラックによる溶接修理をご依頼いただきました。
場所はトランサムとガンネルを結ぶ補強部にクラックがありました。
クラックは溶接部だけではなく溶接と垂直方向にも入っていました。
画像 003
画像 002

クラックは放っておくと必ず拡がります。
早期発見!!早期修理が長く持たせるコツです。
当店では単に直すだけでは無く、なぜクラックが入ったかを考え再発を防ぐ為にもお客様にアドバイスさせていただいております。
ご紹介していない分だけでも先月と今月で何艇かトランサム部の溶接修理を行いました。
4スト化が進みエンジン重量が増えた分トランサムへの負担は確実に上がっています。
特にトレーラーで牽引されている方、トランサムには想像以上の負荷がかかっています。
「帰りの際は異常無かったのに、家に帰って確認するとクラックが入っていた」というお話もあります。
最近のモデルはトレーラブルも視野に入れて開発されていますが、年式の低いボートになるとカートップ前提に開発されていますので、注意が必要です。
溶接艇に限らずリベット艇の水漏れ原因も一概に老朽や波によるものとは限りませんよ。リベット艇の場合はリベットを打ち替えれば水漏れは直ります。
話はそれましたがこちらが修理後です。
溶接の盛り方にも秘密があります・・・
画像 005
画像 007


アルミボート 溶接修理 リベット打ち替え はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さい。

モータガイド SW-82 修理!!

やっと梅雨も明け夏らしい一日でしたね。
さて最近バタバタしておりなかなかアップできておりませんでした。
少し前にご依頼いただいた作業でパーツ入荷待ちだったSW-82アナログ無断の修理を行いました。
今回のお客様は前NBC奥伊勢湖チャプター会長さんで現在はNBCソルトチャプター伊勢湾の会長をなされている松浦様よりご依頼いただきました。
またシーバスのプロガイドもなされており今回はそちらで使用されているエレキの修理をご依頼いただきました。
60インチシャフト!!さすがに長いです!!
L01A0018

症状は不動とのことで確認すると基盤が原因でした。
残念ながら基盤は生産されておりませんので現行デジタルにコンバートするほかありません。
お客様より了解を頂き、デジタルにコンバートです。
新品のコムキャップ・SEモジュール・ブラシカードです。
画像 001

今回はバッテリーからモーターまで繋ぎ目無しで通電効果・耐久性に優れたOFCパワーケーブルを使用させていただきました。
画像 007

当店ではドラムにて在庫しておりますのでお客様のご希望の長さで作製させていただいております。
画像 005

旧アナログ無断のヘッド内は基盤や線等でギッシリです!!
画像 002

現行デジタルにコンバート後です。スッキリしました。
画像 008

フレッシュウォーターでは消耗せず交換することもないアノードですが、ソルトでの使用ではきっちり役目を果たし消耗しています。
こちらも交換させていただきました。
これだけ消耗します。
画像 010

これで過酷なガイドにも耐えれるエレキへと変わりました。
画像 009

ビギナーの方からエキスパートの方まで幅広くガイドしていただけます。バスでもそうですがガイドを受ける事で普段の釣り方とは違った釣り方が習得できる良い機会ですので「是非!!」と言う方は「PARK Sea Bass club」さんをご利用下さい。海用スキーターでガイドしていただけます!
img-802154045-0001


モーターガイド エレキ 修理 カスタム はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さい。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
提携ショップ