バーレットのボートカスタム日記

三重県 伊勢市 アルミボート バスボート モーターガイド ミンコタ エレキ 修理 販売 はBARRETTまで  スナガボート正規ディーラー EXPART EAGLEのお求めは当店まで TEL0596-38-1091 FAX0596-38-1092 email barrettboat@email.plala.or.jp

2009年07月

モーターガイド SW-109HTD メンテナンス&シャフトカット!!

相変わらずスッキリしない天気でしたね。
今週で梅雨はあけるのでしょうか??
さて本日ですが、SW-109HTDのメンテナンス&シャフトカットをご依頼いただきました。
ノーマルの物と何処かが違うのですが、お気づきですか??
画像 011

まずはモーター部から分解です。
ご覧の通り中はスラッジで汚れております。
モーターハウジングがホワイトですので汚れがハッキリわかります!!
画像 013
画像 014

コムキャップもSEモジュールを取外し、古くなったシリコングリスもろとも洗浄を行います。
画像 017
画像 018

モーターハウジングも洗浄後、綺麗になりました。
画像 016

SEモジュールも洗浄を行い新しいシリコングリスを塗布します。
画像 019

カットを行います。
画像 015

組上げて完了です!!
今回は27インチ仕様です!!
画像 020

加工前と比べると非常にコンパクトになります。

エレキ シャフトカット カスタム 修理 はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さい。

ホンダ BF15メンテナンス!!

時々まさに「バケツをひっくり返したような雨」とはこの事だと思う位に激しい雨でした。
また各地では土砂崩れや、浸水等で被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。
さて本日ですが、ホンダBF15のメンテナンスをご依頼いただきました。
丁度一年前に当店でメンテナンスさせていただいたエンジンです。
オイルは使用頻度に関係なく酸化しますので一年に一度は交換を行いましょう。
エンジンオイル・ギアオイル共に正常な汚れ方でした。
L01A0033
L01A0032

ドレンワッシャーも新品に交換させて頂き、純正オイルを入れさせていただきました。
あとは各所グリスアップやキャブの微調整を行わせて頂き、納品させていただきました。

船外機のメンテナンスはBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さい。

ミンコタ 36AT ヘッド修理!!

東海地方はいつ梅雨明け!?と考えながら作業していた本日ですが、またまたアップが滞っていました。
さて本日ですがコントロール不能というミンコタ 36ATの修理をご依頼をいただきました。
ヘッド自体の損傷は無いのですがコントロールケーブルブラケットが旧型のビス2本で止めるタイプで根元から折れコントロール不能となっています。
この修理ブログにアップしていない分を含めると今月で5台目です。
ミンコタのウィークポイントですね。
破損した部分です。
DSCF1874

左が旧型の2本止めタイプで右が現行の4本止めタイプのブラケットです。
現行タイプにする事で確実に強度は上がります。
DSCF1876

破損する原因としてはワイヤーの張りすぎ・シャローや障害物等でヒットしたまま無理に踏み込んだりすると急激に負荷が掛かり破損します。

ミンコタ 修理 メンテナンス はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さいませ。

スナガ イーグル435 ジャックプレート取付!!

蒸し暑く天気のスッキリしない一日でしたね。
連休も終わって明日から仕事ですね。
さて本日ですが、スナガ イーグル435 にジャックプレート&ステンレスプロペラをご購入頂き取付させて頂きました。
画像 005

今回チョイスさせていただいたジャックプレートが強度・精度が抜群のSLIDEMASTERをチョイスさせていただきました。
セットバック量は6インチです。
ノーマル状態です。
DSCN0209

クレーンを使用しエンジンを取外します。
25ef94f7-s.JPG

ジャックプレートを取付けた状態です。
DSCN0210

エンジンを取付けて完了です。
BlogPaint

ジャックプレートですが経験上6インチまででパフォーマンスは十分発揮できます。
またそれ以上セットバック量が大きくなるとトランサムへの負担等やスピードダウンにもつながりますので大きければいいというものではありません。
ジャックプレートについての説明は奥が深すぎる為、ご検討のお客様はお気軽にご質問下さい。
今回はSLIDEMATERをチョイスしましたが当店では bobsmachine Hydro Dynamics 等のメーカーも取扱っております。

もともと付いていたのがBLAKMAXの4ブレードでMAX55キロだそうです。
60馬力で???
プロペラですがマーキュリーベンジェンスをチョイスさせて頂きました。立ち上がり、低速・中速・高速、コーナリングとバランスのとれたペラです。
今回のお客様のイメージが「マリオカート」の「マリオ的な走り」がご希望とのことでチョイスいたしました。
アルミペラのBLACKMAXをベースに作られておりますので非常に扱い易い仕上がりとなっています。
画像 007

あとは試乗し調整を行って完了です。
結果は追ってアップさせて頂きます。
その他、POWERTECH SOLAS MERCURYRACING等も取扱っております。
お客様のご希望で人気のステッカーを貼らせていただきました。
画像 008


ジャックプレート 取付はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にお問合せ下さい。

クイントレックス435C マリンカーペット貼替!!

塗装と同時にご依頼頂いた、クイントレックス435Cのカーペット貼替のご紹介です。
綺麗に見えますが水を含んで重くなり、かなり痛んでおりました。
裏地にラバーが無いタイプのカーペットが貼られていた為、透水して腐食し重くなった物と思われます。
完成後新規のデッキと古いデッキの重さを比べると約3倍〜4倍古いデッキの方が重くなっていました。
という事は当然スピードにも影響が出てきます。
当店の使用するマリンカーペットは全て裏地にラバーが付いていますので透水する事はありません。
結果、水を含まないので重くなりにくく、デッキの寿命も延びます。
勿論耐久性も抜群です。
DSCF1827
DSCF1828

これが取外したデッキの裏面です。
DSCF1830

フロントデッキの痛みはありませんでしたのでそのまま使用させていただきました。
その他のデッキもアルミハニカムデッキですのでそのまま使用です。
写真を撮り忘れましたが新規・既存のデッキの裏面は全て塗装を行っています。
DSCF1834

今回作り直したデッキです。
DSCF1829

完成し気持ちいいくらいに綺麗になりました。
DSCF1859
DSCF1858
DSCF1860
DSCF1861

DSCF1870

デッキを長く持たせるコツですが、釣行後は必ずドレンプラグは外し、ストレージは全て空けて乾燥させて下さい。
常に乾燥させる事が秘訣です。
特に屋外保管の場合は必ずドレンプラグは外すように心がけてください。
アルミボート バスボート マリンカーペット張替はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さい。

クイントレックス435Cカスタム 塗装!!

作業中少し気持ち悪くなる位暑い一日でしたね。
夏もいよいよ本番になってきました。
さて先週から作業を開始し、作業が完了したクイントレックス435C カスタムのご紹介です。
今回のカスタムは両サイドのみの塗装をご依頼いただきました。
カラーは純正のブラックからメタリックパープルに変更です。
塗装前の状態です。
DSCF1838

下地処理・マスキングを行い、下地塗装を行います。
色をハッキリさせる為、今回は下地をホワイトで捨て塗りしています。
DSCF1848

その後何回かに分けて本塗装・クリアーを吹き、研磨して完成です。
DSCF1855

DSCF1864


アルミボートの塗装 カスタムはBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さい。

エルグランド E51 ライダーS ヒッチ取付!!

気が付けばかなり暑くなってきましたね。
今日も昼過ぎには一度着替えました。汗かき過ぎでしょうか?・・・
さてまたまた更新できておりませんでした。
これは作業は終わっており先日納車させていただいた作業のご紹介です。
作業はというとエルグランド E51 ライダーSにヒッチメンバーを取付させていただきました。
画像 003

ノーマルのエルグランドであれば各メーカーから発売されているヒッチで対応可能ですがご依頼いただいたお客様のお車はライダーSですのでワンオフで作製しました。
まずはバンパーから取外します。
画像 005

作製したヒッチを取付けた状態です。
画像 018

ドローバーが差し込める様にバンパーに加工を行い元に戻します。
加工を行わず、バンパーの下を交わしてドローバーを取付ける事も可能ですが牽引能力が低くなるのと、あと踏み切り等の段差で尻突きを起こす可能性がありますので当店ではこの取付方をお勧めしております。
またこの取付高さには意味があります。
実際に連結状態の画像がないのでご説明しにくいのですが、バンパー・トング・トレーラーがほぼ真っ直ぐになる位置です。
つまり牽引する時の理想の状態です。
ただこの取付ではスペアタイヤ&ラックの取外しが必須ですのでご注意くださいね。
でも今はロードサービスの充実やガソリンスタンドの増加でスペアタイヤの装着率も下がっていますしね。勿論車検も問題ありません。
これは正面からの画像です。
画像 021

続いて左右です。
電源ソケットはドローバーに取付けてあります。
画像 024
画像 025

ドローバーを外す際、電源ソケットのケーブルも外すことになるのですがバンパー裏に防水コネクターで取外せるようになっています。
L01A0041

ドローバーを取外した状態です。
スッキリです!!
DSC00603

電源の取出しも当店では一切分岐タップは使用せず全てハンダ付けさせていただいております。したがって錆などによる通電不良はありません。
画像 020

ヒッチメンバーの取付はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さい。

クイントレックスV12HD ビルジポンプ取付

これも先日ご依頼いただいた作業のご紹介です。
作業内容はクイントレックスV12HD ビルジポンプ取付をご依頼いただきました。
この時期になると沢山ご依頼を頂く作業ですがそれを見越し大量に仕入れたポンプもあと数個となってしまい急遽発注を行いましたのでお待ちのお客様、入荷までお待ちくださいね。
「ビルジポンプの位置を何処に付ければいいのか?」と言ったご質問いただく事が多いのですが、これも船体により異なるので一概には言えませんがVハルの場合この位置が一番溜まります。(船体により若干異なります)
L01A0037

「トランサム側はダメ」かというとダメではありません。
2個目を取付ける場合、トランサム側に取付を行います。
一日の内にどの場所に居る事が多いでしょうか?
1人で釣をしている場合ほぼフロントデッキに居ますよね?
当然フロントが沈み、リアは浮きます。
水もフロントに溜まります。
ですのでフロントデッキの下に取付を行います。
まぁこの位置は荷重を掛けなくても一番溜まる位置ですが・・・
では後者のトランサム側はと言うと走行中は荷重が後にかかる為、水も後に流れて溜まります。
取付後はこのようになります。
L01A0023

当然ポンプも当店標準の750ガロンを装備です。

ビルジポンプの取付はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さいませ。

ストレージ ガスダンパー取付!!

雨でじめじめした嫌な天気の一日でしたね。
久々のブログアップです。
あるお客様からの一言ですが「ブログアップされて無いのですが、作業の進行状況はどうですか?」とご連絡いただきました。
そうなんです・・・ご依頼いただいているお客様はブログを一つのバロメーターにされているようで・・・それだけ閲覧していただいている事は非常にうれしい事ですし、ありがたい事ですね。
全てをご紹介できない場合もありますので進行状況等はお気軽にお問合せくださいね。
先日ご依頼頂き既に納艇させて頂いたウィザード386のストレージダンパーの取付からご紹介させて頂きます。
以前に取付させていただいたお客様からの追加のご依頼でプラス3箇所の取付を行わせて頂きました。
ガスダンパーですが本当に便利ですし、開閉が楽しくなります。
あの開く時の「プシュー」と言ったメカメカしい音もいいですよ!!
上記のような効果だけではありませんよ。
取付前の画像ですが、ハッチが完全に開ききっておりガンネルに当たっております。
L01A0016
L01A0001

取付後は接触する事無く90度の位置で止まります。
L01A0010
L01A0009

今回は90度で止まるように取付を行っていますが、範囲内であれば任意の位置で取付させて頂きます。

バスボート・アルミボート デッキカスタムはBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さいませ。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
提携ショップ