バーレットのボートカスタム日記

三重県 伊勢市 アルミボート バスボート モーターガイド ミンコタ エレキ 修理 販売 はBARRETTまで  スナガボート正規ディーラー EXPART EAGLEのお求めは当店まで TEL0596-38-1091 FAX0596-38-1092 email barrettboat@email.plala.or.jp

2009年04月

ソレックス 14FWB 車検!!

暖かく昼間はうっかり居眠りしてしまいそうな気候ですね。
さて本日ですが、またまたソレックス 14FWBの車検&名義変更をご依頼いただきました。
今回は県外からの名義変更でナンバーが変わる為、車両持込が必要ですので車検と同時に名義変更を行いました。
メンテナンス&整備はいつも通り行いました。
DSC00365
DSC00364

ここで1つ注意ですがトレーラーを譲渡される場合、譲渡証・委任状・車検証は勿論ですが、自動車税納税証明書(継続検査用)も必ず譲り受けてください。
納税証明書は領収書と継続検査用が切取線で千切れるようになっていますが間違えても領収書側では無く、「継続検査用」を受取って下さいね。
県内から県内への移転であれば検査場で発行できますが、今回のように前オーナー様が県外の方の場合、その県でしか発行できません。
ですので必ず受取って下さいね。
午後から検査を受け、無事に合格しました。

話は変わりますが、例の船体を楽しみにして頂いている方もいると思いますので、途中経過ですがアップします。
塗装前はこの状態でした。

画像 001


塗装後
画像 002


輝きの違いが分かって頂けますでしょうか!?
画像 004


その後当店のカッティングを貼付けました。
画像 017


気になるデッキですがこんな感じです。
画像 018
画像 014

メチャカッコ良くないですか!?
少しやり過ぎたかな?
この状態で約85%完成です。
完成までもう少しですのでラストスパートをかけます!!
機能面等は完成後、細かに説明させていただこうと思います。

トレーラー 車検 名義変 ボート塗装 デッキカスタム はBARRETTまで

受付・ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jp
までお気軽にご依頼下さい。

先日お話させていただいたキャンペーンの件ですがもう少しお待ち下さいね。

サウザー395メンテナンス&サウザートレーラー車検

朝から天気は良かったですが昼ごろから強い雨が降り出しましたね。
さて本日というか昨日行った作業ですがサウザー395のメンテナンスとサウザートレーラーの車検をご依頼いただきました。

画像 001


サウザー395のメンテナンスとしてはエンジンオイル交換とギアオイルの交換を行いました。
当店ではオイル交換の際、一度暖気運転を行いエンジンを暖めてからエンジンオイルを抜き取っています。

画像 002


暖機運転を行う事でオイルが柔らかくなりスムーズに抜き取れます。
画像 003

同じようにギアも入れておきアイドリングで回しておきます。
これも上記と同様抜けやすくなります。
この後オイルフィルターを交換してオイルを注入し、漏れが無いか確認を行い完了です。
当店で使用するオイルやエレメントは勿論全て純正品を使用しておりますのでご安心してご依頼下さい。


画像 004


完了後はトレーラーのメンテナンスを行いました。
各所点検を行いましたが初めての車検という事で年式も新しいので特に不良箇所も無くいつも通りにハブはオーバーホールを行い、点検してからくみ上げました。

車検を行う際は船体を下ろす必要がありますので、クレーンを使用し船体を降ろし午後から車検場へ向かい、1発合格で昨日、納車させていただきました。
画像 016

12フィートクラスのアルミボートであれば自分で船体を降ろす事は可能ですがFRP艇や12フィート以上の船体はクレーンで下ろします。
1トンのホイスト完備ですので大型艇でも安心してご依頼下さいませ。

話は変わりますが本日は大淀選手のシーニンフハスラーの塗装を行いました。画像は明日アップしますのでお楽しみに!!

アルミボート塗装 トレーラー車検 カスタムはBARRETTまで

受付 ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jp
までお気軽にご依頼下さい。

ソレックス 14FWB整備完了!!

暖かく花見の人も増えてきてようやく「春だなぁ」と感じますね。
さて本日ですが、先日ご依頼いただきました、ソレックス 14FWBの整備が完了しました。

画像のようなハブ周りも
画像 010 hspace="5" class="pict" />


オーバーホール&洗浄でこのような状態になりました。
画像 003
画像 006


勿論ハブのオーバーホールなど、すべて基本メニューに含まれておりますので追加料金など一切かかりません。
今回はオイルシールが破損していましたので交換させていただきました。
この場合はパーツ代のみで交換させていただきます。

オーバーホール後はお約束のベアリングパッカーにてグリスを圧入します。
画像 004


あとハブのオーバーホール注意点ですがハブナットの締めすぎにはご注意くださいね。
金属疲労で折れる可能性がありますので割りピンは再使用せず新しい物に交換します。

画像 005


あとは洗車後、当店のドメインステッカーを貼らせていただき明日検査場に向かう予定です。

画像 008


画像は整備前のホイルですが
画像 001


空気圧調整を行い整備後は画像のように新品のようになりました。
綺麗だと気持ちいいですね。
画像 009


整備前はダストカバーがついていませんでしたのでお客様にご確認後、取り付けさせていただきました。

このダストカバーですが、グリス注入後はベアリングプロテクター・ダストカバー内に付着したグリスを綺麗にふき取ってから装着してくださいね。
グリスが付着したままだとグリスの効能で滑って走行中にダストカバーが外れて無くしてしまいます。(苦)

当店で行わせていただく車検はただの代行ではありません。
隅々まで点検・整備させていただきますので安心してお使いいただけます。

ボートトレーラー 車検・整備・カスタム はBARRETTまで

ご依頼は万陽書房伊勢店・松阪店・kurisuke5656@aqua.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さいませ。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
提携ショップ