今日は少し蒸し暑い一日でした。

本日はトレーラーブレーキのブレーキパイプ交換をご紹介します。
車検&整備をご依頼頂きましたがブレーキパイプからオイルの滲みがあった為、パイプを作成・交換させていただきました。
下に写っているコイル状の物が新しいブレーキパイプとなります。

P1311026


取り回しに必要な長さでカット後、フレア加工を行い作成完了となります。
作成させて頂く場合はフレアナットも新品に取替させて頂きます。

P1311027


外見は綺麗でも内部が錆だらけの状態や水が混ざった状態で使用し続けると
ブレーキパイプだけでなくアクチュエーター及びキャリパーへのダメージも大きくなります。
ブレーキオイルの交換は車検毎(年1回)をお勧めします。
当社では車検時にブレーキオイルを交換させて頂いております。

慣性ブレーキの修理・取付はバーレットまで!!