せっかくの週末もシトシト雨の一日でした。
本日はMercury60EFI ロアケースの水入り修理をご紹介します。

点検時に水の混入があったため圧力テストを行わせて頂きました。
案の定、バーチカルシャフトからの漏れが確認できました。
3.0Lをはじめ水混入の多くがこのバーチカルのシールから入っています。

IMG_3164


初期段階だった為、幸いにもギアのダメージ・ケース本体のダメージも無く最小限で済みました。
混入したまま使い続けるといずれ、水のみになります。
ケース本体が割れる事もありますのでそうなると本当に修理費が高く付きます!!
今年も1件ありましたので皆さんお気をつけ下さい!!
ゴールデンウィークまであと7本治さないと・・・・お客様各位、もう少しお待ち下さいね!!

最後に正圧・負圧のテストを24時間行わせて頂き、修理完了となりました。

IMG_3295


三重県船外機の修理はバーレットまで!!