寒く風の強い一日でしたね。
冬もそこまで来ているのかと実感します。

本日は先日に続きMercury Optimax 250proXS修理をご紹介します。

分解後、ホーニングを行い洗浄中のブロックです。
オーバーホール時には必ず洗浄を行わせて頂きます。

P5091589


ピストンも点検・洗浄です。
1本は新品となりますので再利用するピストンとコンロッドになります。

P5091593


こんな感じで組上げ

P5121598


圧縮も完全に復活です!!

P5121601


この後試運転を行い、バッチリパワーも復活です。
今回の原因は「オイル切れ」が原因でした。
オイルタンクのオイル切れでも無く、オイルポンプの故障でも無く「あるパーツ」が不具合を起こすと今回のようなトラブルを引き起こします。

定期メンテナンスでもチェックできますので是非ご相談下さい!!

三重県船外機修理・販売はバーレットまで!!