しかし凄い雨でしたね・・・この時期に雨に降られると作業の順番が入れ替わり大変です!!
まぁ明日からは晴れてくれるので良し!!とします。

さて本日はバスキャットクーガーのカスタムをご紹介します。


今回ご依頼頂いた作業はオンボードチャジャーの入れ替えと配線整理・ライブウェルのドレンバルブ交換です。

何が何の配線だか全く分からない状態でバッテリーのターミナルは端子の厚みでギリギリネジが締まる状態でした。
少し前にもエンジンが掛からなくなり点検するとバッテリーケーブルの緩みが原因でした。


P2180494


バッテリーはエレキ用3台とACC用の計4台が搭載されています。
オンボードチャジャーは3バンクが1台とシングル1台が搭載されていました。
このうち3バンクチャジャーの1回路が壊れて充電できなくなり交換させて頂く事になりました。

P2180492


ここで前回少しご紹介したコレの正体ですが・・・

P2120476


オンボードチャジャーを固定するブラケットでした。
バッテリー4台の場合、2バンク2台での取付をお勧めしております。
なぜかと??? 
今回のように故障した場合、交換費用が安くすみます。
加えご存知の方も多いと思いますますがDUALPRO RS2は日本の100Vで動きますので昇圧する必要もありません。

P2180497


エレキのブレーカーとアクセサリーのブレーカーもそれぞれ取付できるように製作させて頂きました。

P2180498


配線も新たに作り直して完成です。
これで急なトラブル時にも頭の中がこんがらがる事無く安全に使用して頂けます。

P2180502


次に「ライブウェルのドレン操作が出来ない」との事で拝見するとアクチュエーターが壊れていました。
壊れた物の写真と取り忘れました・・・
これが交換させて頂いたV3Rのアクチュエーターです。

P2180496


バルブの開閉が壊れており無理に回した為、アクチュエーターが破損したとう言うのが原因のようでした。
バルブやケーブルも消耗品ですので少しでも硬くなってきたと思ったら点検することが大切です。

P2180495


バスボートのカスタム・修理はバーレットにお任せ下さい!!

三重県バスボート販売 修理はバーレットまで!!