今日は雨が降ったり止んだりの蒸し暑い一日でしたね。
ここのところ忙しくさせていただいておりバタバタで更新もできずの状態です。ありがとうございます。

本日はクラックによる浸水で修理をご依頼いただいた作業をご紹介します。
愛知県よりのご依頼ありがとうございました。

まずはクラック場所の確認を行う為テストを行わせていただきました。
テストを行うと結構な量の漏れが確認できクラックも特定できました。

P1020389


25cmほどのクラックです。
過去にも溶接修理した痕跡があります。

P1020391


溶接後はもちろん漏れも無くなりました。

1


当店ではアルミ溶接機を完備していますのでその場で修理を行いお持ち帰り頂く事も可能です。(要予約)

その他オイル交換などのご依頼もいただきありがとうございました。

続いて伊勢市のお客様より「異音がする」との事でご依頼いただいたTR54Vアナログの修理をご紹介します。

P1020394


コムキャップの向きが少し変わってしまっています。

P1020397


内部もブラシダストでそこそこに汚れていました。

P1020398


コムキャップ洗浄後にメタルベアリングを打ち替え

P1020401


デュラアンプモジュールに新しい放熱グリスを塗布し組み上げました。

P1020402


コミュテーターも研磨させていただきました。

Before

P1020404


After

P1020405


今回の異音の原因の1つがエンドキャップのメタルベアリングでしたので
打ち替えにて修理させていただきました。

P1020406


打ち替え後です。

P1020407


組み上げ後のテストもバッチリで納品させていただきました!!

アルミボートのカスタム エレキの修理はいかがですか!?

三重県アルミボートカスタム 三重県エレキ修理はBARRETTまで!!

お問合せはこちらまでどうぞ!!

ウィザードWP-298Lをご注文いただいたお客様、商品が入荷しました。
作業に取り掛からせて頂きますので完成まで今しばらくお待ち下さい。

BlogPaint