今日はあいにくの雨でした。
明日は午後から晴れてくる予報です。
風が強い予報ですので花粉症の方は注意が必要です。

さて本日ご紹介するのは茨城県のお客様より修理のご依頼をいただいているマーキュリーシープロ15です。

お客様ご自身でインペラ交換やギアオイルの交換を行なう予定だったそうですがギアオイルを抜くと水が混じっており、修理のご依頼をいただきました。

ロアーケースを取り外し、オーバーホールを行なっているところです。

P1010296


ご覧のようにミルキー状態です。

P1010295


これが古いシール類です。

P1010312


パーツウォッシャーで洗浄しているところです。

P1010298


ロアーケース内も

P1010299


バーチカルシャフトやギア等も全て洗浄して綺麗になりました。

P1010300


同時にシャフトの曲がりや、ギアに傷やカケが無いかチェックを行なわせていただきます。

P1010301


キャリアに新しいオイルシールを組み込み

P1010322


SSTを使用して規定トルクで締め込みます。
取付・取外しにはSSTが必要になります。
当店では各メーカー・各馬力に対応した豊富なSSTを揃えております。

P1010324


漏れが無いかリークテストを行い、OKであればギアオイルを入れて完了です。

P1010325


順番が変わっていますがインペラも交換させていただきました。
インペラは船外機と一緒に送っていただいたインペラを使用させていただきました。

左が新しい物で右が古い物です。

P1010321


同時にご依頼戴いたキャブの洗浄や

P1010304


リードバルブの点検等を行い

P1010306


点火系の点検・調整を行い完了です。

オイルやグリスでドロドロだったカウル内も

P1010307


綺麗になりました。

P1010310


船外機をお送り頂く場合はこんな感じで小さなパレットに梱包用フィルム
を巻いて戴き、荷締めバンドで梱包していただければベストです。
パレットは各運送会社で貰えます。

P1010256


シーズンオフ期間中に船外機のメンテナンスや修理はいかがですか?

三重県マーキュリー船外機修理 販売 メンテナンスはBARRETTまで!!

お問合せはこちらまでお気軽どうぞ!!