先ほどのステーサー400SF ヤマハF40B メンテナンス①の続きとなります。前回の記事はこちら

搭載されているエンジンはヤマハ F40Bになります。

P1000988


まずはキャブレターのオーバーホールから開始です。
洗浄中です。

P1000992


もちろん同時にフェールフィルターの洗浄も行なっています。

P1000994


洗浄中にバルブクリアランスの点検と調整を行なわせていただきました。

P1000991


シックネスゲージを使用して規定値に調整させていただきます。

P1000990


洗浄したキャブをエアーブローしながら細かな点検を行っていきます。

P1000993


キャブレターが組みあがったところです。

P1000995


ヘッドカバーを戻し、新しいエレメント&エンジンオイルを注いで

P1010008


各シリンダーのコンプレッションを計測させていただきます。
コンプレッションテストはシンプルですがエンジンのコンディションを知る非常に重要なテストです。

P1000997


つづいてインペラーの交換です。

ご覧のようにクタクタになっています。
インペラーの交換時期ですが飛んでからでは遅い為に3年毎の交換をお勧めします。

P1010003


交換後です。

P1010029


ギアオイルの交換です。
抜き取り後はリークテストを行わせていただいきます。

P1010007


あるプラグに交換されていましたので純正に交換させていただきました。
プラグは純正が一番です!!
理由が知りたい方はお問合せ下さい!!

P1010009


最後に4ストロークエンジンで欠かせないキャブレターの同調調整を行います。

エンジンを始動すると同調前はご覧の通りバラバラです。

P1010033


P1010032


同調調整を行なう事でスムーズで静かなアイドリングになります。

P1010037


その他の点検や調整を行い納艇させていただきました。
ご遠方よりのご来店ありがとうございました。

ご使用中のエンジン大丈夫ですか??
シーズン中に「壊れた!!」って事のないようにオフシーズン中にメンテナンス&修理はいかがですか?
当店ではトータルでエンジンのメンテナンス&修理を賜らせていただきます。

三重県 船外機修理 船外機販売はBARRETTまで!!

ご依頼・お問合せはこちらまでお気軽にどうぞ!!

次回、池原ダム・七色ダム巡回を2/1(火)に実施させていただきます。
近辺のお客様や帰り道のお客様等、お持ち帰り必要な作業も回送させていただきますので事前にお問合せ下さい。
お店には不在となりますのでご不便をおかけしますがご了承下さい。