昨日も今日も寒い日ですね。
手と腰がカンカンになっています。
昨日は雪が心配でしたがなんとか予定どおり年内最後の七色巡回を無事終えました。雨には降られましたが・・・テントを持って行って正解でした。

ご依頼戴いた内容ですが最初は冷却水が出ないということで21日に巡回の際インペラー交換をご依頼いただきました。
点検させて戴くとインペラーは劣化しているものの羽もありました。

こちらは21日の作業の写真となります。

P1000840


プロペラを取外すとこんな状態でした。
たまにはペラを外して点検してあげて下さいね。

P1000842



破損はありませんが痛んでいましたのでインペラー交換です。

P1000844


P1000843


プロペラシャフトのライン絡みが心配でしたが幸い水は入っていませんでした。
リークテストも行いましたが異常ありませんでした。

P1000845


ギアオイルを入れて完了です。
みなさんも定期的にギアオイル交換されてますか??
安いものですので定期的に交換して下さいね。
当店では「???」と思うエンジンにはリークテストを行わせていただいています。

BlogPaint


インペラー交換後、テストを行いましたが当然のことながら改善はされず
サーモスタットを確認すると「なるほど!!」でした。
開度も悪いですが開度ではありません。
これを確認するにはガスケットが必要でしたのでこの日はチェックできませんでした。

燃圧テスターで燃圧測定です。
こちらも低いです。
通常約40psiですが28psiしかありません。

P1000848


ここからが昨日の作業となります。

「これを確認するにはガスケットが必要」と書きましたがこれです。
そうプレッシャーバルブです。

P1000884


案の定エンジン側のリングとバルブが引っ付いていました。

と言うことは・・・と言うことですのでコンプレッションテストです。

前回はコンプレッションテスターを持って来てなかったので今回測定です。

1番シリンダーです。

右1


3番です。
ほぼ正常です。

右2


5番です。
明らかに低いです。

右3


2番です。
明らかに低いです。

左1


4番です。

左2


6番です。

左3


まさかと思い、オイルポンプを取り外し「ある点検」をしています。

P1000876


事前にお客様には「異常があればパワーヘッドのみを抜いて持ち帰らせていただきます」とお話させていただいていましたのでパワーヘッドを取り外し持ち帰りました。

P1000897


このエンジン調べると色々とわかりました。
まだまだ色々ありそうです!!

特に中古で購入された場合、乗り出した時が正常と思ってしまいますが乗り出し時から異常がありそれを正常と勘違いしてしまうケースもあります。
優良なショップさんでは先ずありえませんがご心配な方はご相談ください。

三重県マーキュリー船外機修理 マーキュリー船外機販売はBARRETTまで!!