11月も今日で終わりですね。
明日からは12月です。
今日作業していると、「蚊」が飛んでいました。
もう12月というのに・・・
さて本日ご紹介するのは前々回七色巡回の際にTs-Onさんよりご依頼いただいたレンタル艇についているMercury 40ELPTOの修理です。

症状ですが「セルは回るがエンジンが掛からない」「キャブレターを点検したが、かからない」とう状態でした。

まずは電気系・点火系のテストですが問題ありません。
確認の為キャブレターの確認です。

P1000283



大きな詰まりはありませんでしたが所々オイルかすが確認できました。

P1000282


P1000285


このエンジンのように分離給油の場合オイルタンク内にも汚れやゴミが入っている事がありますので古いオイルは捨て、洗浄を行います。
オイルラインを洗浄して、オイルの供給を司るオイルポンプ&ドリブンギアの点検と洗浄も行い組みあげました。

各リンケージ類の調整が狂っていた為、調整を行いました。

P1000287


同時に点火時期・アイドリングの調整を行い完成です。
元気になりました

P1000288


マーキュリー船外機修理 メンテナンスはBARRETTまで!!

ご依頼はこちらまでお気軽にお問合せ下さい。