少し寒い一日でしたね。
また明日は雨模様です。
さて先日、ご依頼戴き作業を行ったモーターガイドFW-54デジタルのメンテ&シャフトカットです。
画像 032

点検中に発見したのですが・・・
画像 038

SEモジュールはトルクスビスで固定されていますが、SEモジュール側が割れています。
修理後にお客様にお聞きしたのですが新品購入後に直ぐに故障しSEモジュールを積み替えたそうです。
その時かどうかはわかりませんが割れています。
締め込み過ぎると簡単に割れます。
この場合は残念ながらモジュールの交換となってしまいます。
勿論モジュールの在庫もありますので直ぐに対応させて戴きました。
画像 098

今回シャフトは42インチから36インチへカットをご依頼戴きました。
FWシリーズの場合、ピニオンナットの締め込みによりテンション調整を行っています。
従ってペダルで調整できるTRシリーズのようにリベットで止める事はできません。
シャフトカットの際はネジ切りを行う必要があります。
当店は旋盤を完備しておりますので旋盤にてネジ切り加工を行っております。
画像 129

同時に最適な長さでアウターチューブもカットを行います。
画像 131

ジョンボートやパントボートで42インチは長すぎて使い辛いとお考えの方はかなり使い易くなりますよ

モーターガイドメンテナンス モーターガイドシャフトカット はBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店様・barrettboat@email.plala.or.jp・090-7855-8501(直通)までお気軽にご依頼下さいませ。