しかし寒い日が続きますね。
天気予報ではこの寒さも今週一杯が山だと言っておりました。
さてこのところシーズンオフ中のメンテナンスのご依頼が集中しておりその中の一台をご紹介させて戴きます。
ご依頼戴いたエンジンはMecury60EFIです。
画像 002

まずは消耗品であるエンジンオイル・エレメント・ギアオイルの交換から行いました。
抜き取ったオイルです。
新品のオイルは飴色ですが抜き取ったオイルはご覧の通りです。
画像 018

ただでさえ粘度が高いギアオイルですが追い討ちをかけるかのように寒く入れ辛いですが当店ではエアー圧送にて入れ替えております。
入れ替えもスムーズです。
画像 013

オイル交換と同時にガスケットも交換させて戴きます。
BIGFOOTはExhaust・VENT・LEVELの3箇所ありますが全て交換です。
画像 011

正直ここまでの作業はユーザー様自身でも行えます。
また大切な事ですが各所の目視点検等もユーザー様で行えますね。
当店ではDDTテスターにて診断させて戴いております。
画像 005

DDTにてテスタする事で
・フェールポンプ
・イグニッションシステム
・メインリレー
・ホーン
・IACバルブ
・フェールポンプリレー
・各センサー
等のチェックを行わせて戴いております。
また画像の様に履歴も分かります。
この画像では何回転でどれだけの時間走行したかが分かります。
その他様々な履歴が分かります。勿論リセットも出来ます。
画像 033

何でもそうですがこのテスターも同じで使いこなせて100%です。
残念ながら修理までは行ってくれません。
電装パーツに隠れたヘッドボルト等も
BlogPaint

電装パーツを取外し、点検させて戴いております。
勿論、規定トルク・指定順で増し締めも行わせて戴いております。
BlogPaint

プラグはギャップ計測後、消耗していなかった為クリーニングさせて戴きました。正常なパーツまで交換は行いません。
クリーニング前
画像 036

クリーニング後
画像 039

その他コンプレッションテストや
画像 040

画像にはありませんがフェールプレッシャーテスト・シリンダーリークダウンテスト・ロワーケースリークテスト・シリンダー内壁点検等専用機器を駆使し細かく点検させて戴いております。

来シーズンに向けてメンテナンスはいかがですか!?

船外機のメンテナンスはBARRETTまで!!

ご依頼は万陽書房伊勢店様・barrettboat@email.plala.or.jpまでお気軽にご依頼下さいませ。